服装にも気を使いましょう《おろかな副葬》




テキストの短いカードは強い。 これぐらい特定用途ではない効果範囲の広いカードの方が考察記事書くモチベーション湧く。

おろかな埋葬・終末の騎士とモンスター専門ですら規制をかけられる程度には遊戯王における「墓地肥し」は強力な概念とされています。
近年は墓地効果によって2段階の仕事をする魔法罠も急増し、《スキル・サクセサー》で驚いていた時代が既に遠い昔のようです。
そんな連中を直接埋めるこのカード。これまでデッキから直接魔法罠を送り込むのは《イビリチュア・テトラオーグル》やヴァンパイアの絡むコンボなど、非常に難易度の高い動作でした。それがついに魔法1枚消費で簡単に。

とはいえ何か発動したらむしろ手札が増える事も多くなった近年のアド概念崩壊世界の中、その1消費でどこまで有効な手を撃てるかは厳しい目で見られるところ。ちょっと検討してみましょう。

------------------------

〇墓地効果・1
 よくある「このカードを除外して発動できる」系列。
 罠ならマーレラでも近い運用が出来る都合、今回は「墓地に送られたターンには発動できない。」が無い即効性のあるものを抜粋。

《ブレイズキャノン・マガジン》
 一番効果が派手なやつ。バックショットカチコミが展開前から行えるように。
 相手ターンにも撃てるフリーチェーンなので、先攻後攻どちらでも強い。
 《おろかな埋葬》制限でそこまで簡単ではないバレットの埋葬もこなせるため、手札コストを要するソリティアの仕込みにも。

《光の霊堂》
 《滅びの爆裂疾風弾》サーチ。サーチできる《サンダーボルト》はなんだかんだ怖い。
 どうせ素材になるので攻撃規制もそんなに影響はない。

《影霊衣》儀式魔法
 サーチ効果の仕込み。ただモンスターも必要な都合、結局クラウソラス等を切るためそこまで渇望はされていない。
 しいていえばユニコールでサルベージ出来る程度か。

《幻影》魔法・罠
 蘇生効果があるので連続エクシーズがちょっとしやすい。しかし元々ラギッドで出来る。
 叩き割ったブレイクソードの蘇生もできるためランクアップにも。状況によっては★5よりオピオンが強い。
 トゥームシールドを1枚入れておくと有事の際(虚無)ちょっと役立つかも?

《方界》魔法・罠
 《方界業》によるサーチ手段が増え、《流星方界器デューザ》での始動がしやすく。
 墓地効果はそれ以外にも充実しており、複数積みもさほど問題にならない。

《U.A.ペナルティ》
 【U.A.】はモンスター主体で魔法罠は素引き頼りなのでありがたみはある。
 ギブスで早々殺意をあげられたりするのは面白い。
 サーチを期待できるのなら、ターンオーバーナーガを仕込む甲斐性もでてくる。

《仁王立ち》
 Ω無限防御を更にしやすく。6枚体制ならばそれなりに安定して狙えそう。

《スキル・プリズナー》
 墓地発動系スキルの中でも、このカードだけは相手ターンでも発動可能。
 なんだかんだ対象をとるモンスターは多いため、安全を買えるのは意外と悪くない。

《黒猫の睨み》
 普通に月の書でいいのでは?

《帝王の轟毅》
 コンボカードとして面白いカードな一方、メイン効果がハイリスクで簡単には墓地に送れなかった1枚。
 【霊使い】など、よくわからないデッキのおもちゃにしたい。
 《魔サイの戦士》を闇にして、《同胞の絆》で彼岸並べたり妙な事できそう。
 《汎神の帝王》も落とせるため、手札に加える事も出来る。

〇墓地効果・2
 自己サルベージなどで、上記とはちょっと毛色が違う連中。再利用性による主軸カードもあるため結構重要。

《RUM-アージェント・カオス・フォース》
 効果対象がエクシーズされると同時に湧き出る無駄の無さ。
 デュエルあたり1回制限もあるが、そもそも乱発するのはホープぐらいなので要所で1発通せるのは心強い。
 アトランタル・シリアルキラー・バビロンあたりはエンドカードとしての実力も十分。
 序中盤で使うのならばサイモンやビヨンド・ザ・ホープ→ホープドラグーン当たりが使いやすそうか。
 他にもRUMはアストラルやレイドなど、墓地効果が優秀なカードは多い。

《ジェムナイト・フュージョン》
 とりあえず墓地に落としたいカードといえばコレ。
 1枚落とせれば後続は腐るが、2枚目以降も《置換融合》あたりを仕込んでおけば無駄なく使用できる。

《リチュアの儀水鏡》
 デッキに戻す効果なので、何度でも副葬品にできる。 

《破壊剣》カード
 自己サルベージ2種、代替耐性、速攻融合など墓地効果が充実しており様々なシーンに使い分けられる。


〇墓地効果・3
 「墓地へ送られたとき」がデッキからでも適用されるカード達。ほぼ魔法カードとして使用される。

《ナチュルの神星樹》
 ナチュルサーチ。遂にバンブーシュートを先攻1ターンで加えられるように。

《トイポット》
 「ファーニマル」または《エッジインプ・シザー》サーチ。
 ベアもサーチできるため、実質《トイポット》自身のサーチにもなる。
 《デストーイ・ファクトリー》による《魔玩具融合》の除外サルベージにもつかえる。

《妖刀竹光》
 「竹光」サーチ。

《くず鉄の像》
 「ジャンク」蘇生。対象を副葬できる事とあわせ、コレクターの悪用に便利。
 メイン効果自体も、P効果やフィールド・地獄門などの対策に使えるため無駄になりにくい。

〇墓地利用
 外付けでサポートが充実した連中。

《シャドール》魔法罠カード
 とりあえず融合から始まる一方でサーチ手段がリバース効果という状況でのありがたい墓地肥し。
 《影依の原核》ならばネフィリムを失いできなくなっていた即時サルベージにもなる。
 序盤での《簡易融合》ミドラーシュで余りやすいサルベージの有効利用にもなる。

《ゴーストリック》カード
 初動駄天使効果と合わせアルカード・デュラハンのサルベージから魔法や罠を2枚確保できる。
 とはいえ基本は次のターンの再利用狙いで1ターン目はキープするのでそこまで無理する必要は薄い。
 猫ナイト成立特化型ならアウトも確保したいためやる価値はあるかもしれない。

《魔導書》魔法カード
 召喚条件やコストといったリソースに使用でき、セフェルでのコピーも可能。ある程度は3枚目以降のグリモになる。
 トールモンドによる回収もできるため、嵩増し要員としては有用な方か。

《森羅》カード
 シャーマンによるサルベージ対応。例によって《森羅の施し》が狙い所。
 森羅の効果では魔法罠は墓地に落ちないため、こういう手段も。ただしあまり枚数は積みたくない。

汎用サルベージ
 フィールド魔法 《マインフィールド》《Z-ONE》《地縛神の復活》
 永続魔法    《Z-ONE》
 永続罠     《ブービートラップE》
 魔法罠全般  《魔帝アングマール》《聖蛇の息吹》

 フィールド魔法に関しては、《擬似空間》によって発動条件をふみたおして1ターン使うという荒業も。


〇変態による応用編
 リソースの意味を見失う。

《マジカルエクスプロージョン》《魔導雑貨商人》
 同名カードを副葬すれば、実質「魔法を2枚肥やすカード」という見方もできなくもない。
 デッキ内の枚数でどうこうする大味なコンボにも応用可能か。

《しっぺ返し》
 相手の使ってきそうなカードを副葬してしまうことにより、潰しとこちらのサーチを同時にこなせる。
 《テラ・フォーミング》や《ツインツイスター》、《強欲で貪欲な壺》あたりが見込みやすいか。
 カウンター罠もだいたい宣告通告たまに賄賂ぐらいに絞られるだろう状況なので被せやすい。

《RUM-七皇の剣》
 《烈風帝ライザー》《鳳凰神の羽根》《サイバー・ヴァリー》でデッキトップに置ける。
 え、そこまでする?って感じではある。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ