スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草場に潜ませたい四天王を探す《ダーク・ドリアード その2》

以前《ダーク・ドリアード》登場の際に、トップ操作を活かす方法を色々考えていたわけです。

で、トップをまとめて有効札にする新たなカードが登場したわけです。

《隣の芝刈り》 通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。
デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。


現状ではデッキ枚数を膨大にし、大量のカードを無差別に送り込むことに利用されているこのカード。
【インフェルノイド】を始めとして、墓地 is POWERなデッキ御用達となっています。

そこであえて、狙ったカードだけを落とす事を可能とする《ダーク・ドリアード》と組むとどうなるか?と考えるわけです。
制限カードの手札抹殺と比べ現状3積み可能で期待値が高く、モンスター効果よりも妨害の可能性が低いといえそうです。
2枚使って《おろかな埋葬》4枚分とすれば、ある意味収支は倍。
4枚のみ落とすためだけならばドロー確率が落ちるほどデッキを増やす必要もないというメリットもあります。


ということで利用手段を考えた前回に続き、用途となる4属性のモンスターを、墓地利用ベースで検討してみたいと思います。

---------------------------------

墓地で発動できる効果

《グローアップ・バルブ》
 墓地のチューナー不動の最優秀賞。
 デッキ枚数調整がうまくいかず3枚以下しか落とせなかった場合でも、追加で落としてくれるおまけ付き。

《幻想のミセラサウルス》
 自己除外からのリクルート。ハイドロゲドン等を駆使すれば☆4まで狙えるが、基本は《ジュラック・アウロ》か。

《カーボネドン》
 《ラブラドライドラゴン》から大きめのシンクロができる他、エクシーズ素材としても幅が広い。
 ドリアードに合わせペンデュラム寄りに構築するならば、スケールの合う《竜剣士マスターP》《竜魔王ベクターP》も候補になる。

《ボルト・ヘッジホッグ》
 流石にバルブと共に~なんて動きは属性が干渉し難しいが、《スポーア》
+炎水植物 ぐらいなら狙える。《たつのこ》したいときはミセラと組みましょう。
 ただしレベル上はダンディライオンとやれることがほぼおなじのため、フィールドが埋まる都合の代替や暴走召喚などで複数を絡める用途で使うことになる。

《ラッシュ・ウォリアー》
 同時に落としたシンクロンを回収できる。
 属性が干渉しクイックは落とせないが、炎・ニトロ ジェット 水・スチームなどそこそこに粒は揃っている。
 地属性に《シンクロン・エクスプローラー》がいるため即シンクロも狙える。
 ただし召喚権をドリアードと食い合うためペンデュラム他特殊召喚ギミックを別に用意したい所。

《フラッピィ》
 3体落とす必要がある難点を補助しつつ、ついでに効果対象ごと揃えられる。
 とはいえ水以外の高レベル海竜族は《ライトレイ・ダイダロス》しかおらず現状積み込みはできない。
 地属性の《Subterror Behemoth Stygokraken》 待ち。

《水晶機巧-ローズニクス》
 トークン生成。類例は下記にもあるが、このカードは起動効果なので必要に応じてタイミングを選べる。
 《水晶機巧-シストバーン》というサーチのあてもあり、応用力は高い。

《アマリリース》
 アドバンス召喚を踏み倒す呼び水。エレボスが落ちていればテスタロス等は回収できる。
 この辺の自己除外で発動できるカードは、《星邪の神喰》経由で別の同属性or光闇に還元することにも使える。

《ペロペロケルペロス》《ヴォルカニック・カウンター》
 攻撃反応で反撃する枠。受け身なのであまりソリティアには絡まない。


デッキからでも発動可能な墓地送り誘発

《素早いアンコウ》
 即座にランク2に繋げられる複数特殊召喚カード。水族が居ないので流石に餅は出ない。狸向け。
 無差別だと召喚先ごと落としかねないため、おろ埋に近いこの用途の方が向いている。

《ダンディライオン》
 数を揃える用途ならばこちらも。ただしアドバンス召喚や墓地送りには使えないため用途は狭まる。
 バルブと併用できないためフォーミュラにはミセラが必要となる一方、スポーアとでライブラリアンは立てやすい。
 制限カードなので、引いてしまうと活用に難儀する。地ではなく風が増えるところも他と毛色が異なる。

《幻獣機オライオン》
 こちらもトークン生成。トークン全般の特徴としてワイアームも融合できる。
 前述2種とはレベルが異なり、大きめのシンクロを狙える。

《ラヴァル炎火山の侍女》
 刈りアードする前、または同時に他のラヴァルを落とす必要があるものの、疑似伝導場としても機能。

《フラボット》
 《シャドール・ビースト》は流石に積み込めないので代わりのドロー要員。
 落ちる枚数のわからない芝刈りでは何を引くのかはわからない。
 逆に引いてしまった積みたいカードを事前に戻す要員かもしれない。

《無頼特急バトレイン》《ハーピィ・ハーピスト》
 とりあえずサーチャー送っておけばそのまま手札1アドとして魔法消費分の収支を打ち消し可能。
 後者は一緒に落ちた他のハーピィもろとも《ヒステリック・パーティー》可能なので肥やす価値はある。

《紋章獣レオ》
 紋章獣サーチ。ついでに風属性枠で《紋章獣アバコーンウェイ》《紋章獣ツインヘッド・グリフォン》あたりの墓地効果を落とせる。
 そのため2枚めのアバコーンをサーチすることで、手札コストなどに使用した後レオが手札に舞い込む。
 ジェットのコストorミセラアウロとの☆5シンクロなど炎枠とも相性が良い。
 手札や落ちの様子によっては、アンフィスバエナを利用してドリアードとエクシーズすることも可能。

《魔サイの戦士》
 地枠を悪魔限定で他の属性に変換。《氷炎の双竜》のような一定数ずつ必要なカードに便利。
 相性が良いのは《トリック・デーモン》+《デーモン・イーター》。
 イーターは直接落としてもいいが、これらを経由してサーチすることで魔法使いのドリアードとエクシーズできる。

墓地に存在すると有効なカード

デュアルモンスター
 通常モンスターに近い性質を与えられたこのカード群は墓地サポートが多い。
 悪夢再び、サルベージなど同属性制約が多いため、手札回収と絡めるなら《闇の量産工場》が一番やりやすい。

 ギガプラントを蘇生対象ごと落としたり、ヒュプノを他のエーリアンと共に落としたりと色々できる。
 《龍の鏡》による素材を揃えてラプテノスで準備しながら運用できるのも良い。
 ウィルプスカーボンクラブデュアルソルジャーといったデュアル以外の性質を問わないカードの属性も、幸い散っている。 

《不知火》モンスター
 どこから除外しても発動できるため墓地送りばかり意識する必要はないが、一緒に落とせうるシラユキのコスト要員として優秀なため選択肢に入れても良い。
 元々アンデット族として墓地に送っても有効なため、馬頭鬼あたりともども積み込むのもアリ。

《ファントム・オブ・カオス》《甲虫装機エクサビートル》等の効果対象
ドラグニティチューナー
 わるさを始めるに当たって。ランク4等、ドリアードを絡めてアクセスできるカードだとなお良い。

《ソウル・チャージ》の効果対象
 《大革命》志士など、単純に蘇生見込みで選ぶ手も。《風林火山》が狙いやすい。
 【フォーチュン・レディ】ならばウォーテリー2ドローが期待しやすい。
 【竜星】を一気に落として序盤から強固なロックを行える《幻竜星-チョウホウ》を狙うレベル調整もしやすい。
 《トーテム5》も爆発とはまた違った動きが狙えて面白いかもしれない。ドリアードは先にどかしましょう。

---ということは---
 パターンを考えてみる。

○墓地のみパターン

《ボルト・ヘッジホッグ》《素早いアンコウ》《幻想のミセラサウルス》《オキシゲドン》
 ミセラから2チューナーの《ジュラック・ガリム》を確保することで、《花札衛-雨四光》まで繋がる。

《ボルト・ヘッジホッグ》《水晶機巧-シストバーン》《幻想のミセラサウルス》《幻獣機オライオン》
 たつのこ+ローズニクスorサルファフナーにより、カラクリ将軍をどちらか選択可能。
 カラクリチューナーは4~2までいるため、オライオンの3と併せて7~5を作れる。
 すなわち将軍の二体目も可能。
  無零×2のエクシーズからサックトリシュまで続けられる。
  ドリアードも考慮すれば無零怒+鋼炎竜のようなこともアーカナイト2除去・1ドローつきで行える。
  イグニスター経由で無零+★8+1除去(+1ドロー)。結構色々ラインはある。

○ドリアードまぜこみパターン

《グローアップ・バルブ》《水晶機巧-ローズニクス》《幻想のミセラサウルス》《スポーア》
 ドリアードの4と合わせ、ライブラ+フォーミュラで2ドローしつつ《水晶機巧-グリオンガンド》を待機できる。
 先に7を経由すればフェニキシオンも可能。その場合でも《アーカナイト・マジシャン》経由で相当数除去を持っていく。

《ダンディライオン》《幻想のミセラサウルス》《スポーア》
 スポーア(ダンディ)4+綿毛1でライブラ、ミセラ(orジェット)+綿毛でフォーミュラと、墓地のカードのみで2ドローを達成。
 これだけでもフォーミュラ+ドリアードから《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》をドロー付きで待機可能なため干渉力は期待できる。
 水が余るため、フォーミュラ+水晶機巧トークン(《水晶機巧-ローズニクス》)で《たつのこ》からソリティアの継続も検討可能。

《ダンディライオン》《幻想のミセラサウルス》《幻獣機オライオン》
 ☆4とちょっと大きいドリアードも混ぜこんで、4+3+1+1+1《花札衛-五光》に到達できる。
 水が余るため、むしろ雨四光よりも楽。残った枠で黄泉ガエルやサルファフナーを落とそう。
 制限カードが混ざっていることには注意。

パターンの都合上、水が余りやすい(元々水の層が薄く絡みづらい)ため、メインギミックの肥やしたい水に合わせての追加の動きと考えることも。まぁそれだけのためにデッキ増+芝アード投入は重すぎるともいえるが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。