賢者構築のなれの果て-【4種の魔法使いによる狂想曲】

それで敗北するようであれば 所詮そこまでの決闘者であるということ -榊遊勝


経歴をざっと見て頂けるとお分かりの通り、私はファンデッキ寄りのカードゲーマーです。
エンタメデュエルに固執した遊矢ほどじゃないにせよ、皆さんそれぞれに大なり小なり考えの軸はあると思います。
現環境で最も効率的に勝利を挙げられる強さのカードは何か、よりも「オレが認めたこのカードの強さを証明する」の方がモチベーションとして優先されるタイプの人間が私です。

そのため使いたいカード・やりたいコンボありきで構築を始めるパターンが多いのですが、今回のデッキは「どうすればこの環境を戦い抜けるか」、メタビートに近い理念で構築しました。

wwmme.png

【WWマジェ召喚魔術】と大分きたないデッキ名になるため、 【四賢者】とでもしましょう。

ARC-V期は5Dsの流れを組むせいか、ドラゴンを並べて目立たせたがる傾向が強いようにみられます。
しかしその陰で禁止となったのはヒグルミ・ユニコーン、または自身は天使だがネフィリム。 要注意カードはシラユキ。
規制対象にのぼりつめるのは環境を【シャドール】【クラウンブレード】【EM】【魔術師】といった姿で制圧しつづけた魔法使い族でした。
【ブラック・マジシャン】などもあわせ、9期パワーの恩恵を最も受けた種族といえます。

そんな彼らを軸に、デッキ紹介というより、今の環境のメタり方として個人的に着目している話を主にしていきます。
愛を証明できないまま負け続ける前に、自分はどこまでの決闘者たりえるのか。腕試しです。

4つのカテゴリ+αが混在していますが、明確にシナジーと言える配合になっているのはWWとマジェ程度です。
それぞれの採用経緯をセクション分けしたものが以下です。

○【WW】
 アイス3 グラス2 スノウ1

 デッキというか、メインデッキの所属モンスターが3種しか存在せず、それら全てを使用する一連のギミック。
 《灰流うらら》が隆盛する環境という想定の元、最も無理なく有効な対抗策となれるため選定。
 構築盤面自体も破壊耐性と効果無効を持つクリスタルウィングと、カード1枚の成果としては許すべきではない強力さ。
 一方で属性と高レベルSモンスターと2重の縛りをもつため、デッキ全体としても併用可能ギミックは絞られます。
 
 付属の性質として、一部のペンデュラムとの相性が意外と良いということが挙げられます。
 3+4経由の7+1を狙う性質上、《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》を無理なくエクストラデッキに確保可能。
 8スケールを扱う場合、なかなかにしつこいカードとなる上にクリスタルと同時に並べることも狙えます。

 初手で確実に握りたいため、芝刈りデッキ膨張論を捨て最低限に絞り起点を3搭載。
 後続のチューナーはドローしてもアイスベルを引けなかった際のリカバリにしかならず、発動条件上何度も連続できるギミックではないため順次絞り込んでいます。


○【マジェスペクター】
 ◆5:ラクーン2 フロッグ クロウ   ◇2:フォックス2 キャット
 トルネード2 テンペスト サイクロン P2 同胞3


 ユニコーンこそ失ったが、メインギミックは問題なく健在なPシリーズ。
 ユニコーンが問題視された原因の一つである「破壊・対象耐性」を各自で所有。

 現環境の特徴として、「対象をとる破壊」への依存度が高いことが挙げられると考えています。
 ひと昔前はドラゴンバスターの除外や対象をとらない堕天使などで要対策除去のバリエーションも広かったです。
 現状は一極集中し、十二獣=ドランシアや真竜魔法罠・マスターPによる「破壊」の占有率が高まっています。
 ギミック総出を上げて強力な能力を用意するより、少ない手札から簡易に用意できることが優先されています。

 その他も妨げ・紫毒などとなり、一時期に比べれば「破壊耐性」は十分な役目を持てます。
 またドランシアや《醒めない悪夢》と「表側表示」を狙うカードも多く、使いきりのセット通常罠への対応はそもそも優先度から下がっています。
 モンスターも罠も主流除去をかわしやすい。これがマジェスペクターの特長といえます。
 もちろん、壊獣自身のリリースやペンデュラムグラフなど、突破手段もあり十全とはいえませんが。
 大切なことは、相手の動きの選択肢を絞り読み合いで優位に立つことです。

 除去がつらいのは、カステルなどある程度リソースを使うエクストラの突破札をほぼノーリスクで無力化されるためといえます。
 ペンデュラム素のままで戦うことを軸とするデッキならば負担を軽減でき、除去隆盛環境への対策になります。

 WWとのシナジーは、《同胞の絆》で共有しあえるレベルである点、サポートも併用できる点。
 特に《マジェスティックP》が強力で、アイスベルをラクーンに交換してもシンクロの動きは変わらず、余らせてある召喚権で干渉札の追加が行えます。
 クリアウィングと性質が被るテンペストよりトルネードを優先しているのもそういった理由からになります。
 破壊誘発・墓地効果が増えている点から、それらを安全に除外できる点も優秀です。
 一時的に場を開ける性質がアイスベルの条件とも合うため、フリーチェーンの方が向いているという点も評価点です。

 採用数に関して、枠の都合のようにも見えるでしょうがこの程度の数でも問題なく運用できています。
 持久力がウリで枠をとった方がいいと見られがちなマジェスペクターですが、その実多く採用するのはリスクも高いです。
 サーチ可能な札が多いため必要なものを確保するハードルは低く、複数揃えても発動はターン1で腐ります。
 手札に確保したいのはモンスターの数を増やせるマジェスティックとラクーンに実質絞られます。
 魔法罠も増やしすぎるとコストが無いのに素引きで嵩張るという事故も起こしやすくなります。
 そのため、ラクーン以外の複数積はスケール上ラスター対象にする余地のあるフォックスに絞り、他は同胞の層も見込んで広くピン採用としました。
 WWで初動からある程度数を稼げることもあり、この枚数で枯渇する前に決着をつける急戦仕様です。
 グラスベルらチューナーがいることによりイグニスターなども狙えるため、相手の初動を凌げば早々に決着可能な展開になだれ込むことも期待できます。

 プレイング面ではうらら回避とラスター待ちの関係で、フォックスよりもフロッグを優先します。
  2色ともサーチできるため、マスターPの耐性を避けやすい所も優秀です。
 クロウはほぼスケール要員扱いとして、魔法も1発用サイクロンのみです。正直破壊は危ないものの。
  一応、唯一即座に使える除去ではあるので、アイスベル前の露払いにも使えます。EPのキャットからも使える。
 フォックスは少々層の薄い下スケールも兼ねるため、ラスターを確保した時以外は出し渋りでいいです。
 ソニックは妨害できず防御よりなのでサイド、採用枚数が少ないためガストとスーパーセルは見送り。
 フロッグに制約がなければ、唯一セットから即発動できる通常魔法のストームも候補だったのに、惜しい。


○【召喚獣】
 アレイスター2 召喚魔術1 暴走魔法陣1
 ライディーン2 プルガトリオ メガラニカ メルカバ―

 
 引けたら引くよぐらいの最低枚数。フィールド関連の採用数とマジェP優先により、多く積むメリットが薄い。
 一度確保できれば無限に使いまわせるギミックもあり、召喚権に余裕がある時要員と言って差し支えない。
 いわゆる【WW召喚獣】通り、シンクロ素材で墓地に送ったWWからのライディーンが主な仕事。
 アイスターが成立すればファストチャンバライディーンでワンキルに近い打点も揃えられます。
 うららから殺戮を狙うためプルガトリオもいたほうが良いと思います。
 フォックスから罠を握りやすいため、メルカバーが本気を出すことも。
 とはいえ後続に続くタイプのギミックではないため、大抵は4枚セットでサイドチェンジ枠になりやすいです。

○【魔術師】
 調弦 白翼 紫毒 黒牙 コール アドベント2

 正気かってレベルのほぼ最低枚数。
 8スケールからのファストか既存スケールからのイグニスターが狙える調弦が主な目的。
 層の薄い下スケールとチューナーを補い風魔法使いサポートを受けてくれる白翼が優先。
 あとは◇8を増やす黒牙とひとまず効果の完結した紫毒。グラフ無しのため虹彩はお留守番。
 
 採用目的はP効果がなくスケールにおくメリットの薄いマジェのために揃えやすいスケールを用意すること。
 ファストを使うために◇8が必要だったため、白羽の矢はどうしてもここにたちます。
 クリスタルウィングで突破しきることを軸としP召喚自体の優先順位は低いため、採用も最低限。
 というかペンデュラムはどうせ使いまわすのだから、そんなに複数積む必要はありません。
 単純に数の暴力を狙うデッキとは異なるため、セオリーを外した配分となります。ラクーン使い回しが最重要。
 その分アドベントが発動しづらいのはやむを得ない。コール回収でそれだけの成果は出してくれます。
 地味にアレイスターが闇・魔法使い効果に対応しているので、微妙にシナジーは無くもない。

●付属ギミック
 盆回し2 テラフォ 混沌の場 右手2(サイド左手2) うさぎ2 エキセン ラスター

 《ドラゴニックD》を封じるため、そしてテラフォを絞ってうららをかわしてフィールドを手に入れるため。
 《盆回し》はフィールド事故さえ誤魔化せれば、基本的に滅茶苦茶強いカード。
 《混沌の場》はガイアを採用していないと発動すらできない強制効果裁定なので、ロック要員として採用。
 《汎魔導領域》ではこちらの恩恵が少なく、むしろトルネード等が死ぬため。
 フィールド4枚かつ再発動を狙うギミックもないため2盆に抑え1テラフォ。
 ガイアロードはその逆対策・事故対策でサイドにオマケ採用。打点不足なため邪魔でもありません。

 そして魔法使いを主軸とするため魔術師の両腕を採用。先攻後攻により左手とサイドチェンジします。
 フィールド定着前に無効にするためスケールも墓地に送られ、カウンターにも強いため有効性は折り紙付き。
 モンスターを捌くことに特化したマジェスペクターにとって、非常に優秀な魔法罠対策。

 そして除去強化のエキセンにアドベントの対象増しも兼ねたラスターP。
 スケール構築優先しないためリボーン・アライズなど他に候補もありますが、基本コール専用のため。

◎エクストラ
 WWの制約上、風・☆5以上を満たせるシンクロモンスターが主になる。 召喚獣は上記の通りで略。
 ハストールが使えないのがたまに惜しいが、ライディーンが通るだけ御の字です。

《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》 大エース。実質7+スノウベルだけながらその精度が高い
《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》 ある意味このデッキのロマン枠といえなくもない☆7の選択肢。
《WW-ウィンター・ベル》 後攻で動く場合、マジェスペクターの展開数を増やせたり地味に器用。

《スターダスト・ドラゴン》 効果を無効=《醒めない悪夢》を後出しで除去したりと実は現環境ですごく役立つ。
《HSR-チャンバライダー》 殺しに行くとき用。スノウベルの使い道はこのデッキでは結構重要。
《ミスト・ウォーム》 レベルの都合スノウベル素引きの場合が主=制約なしなのでトリシュでもいいかも。

《爆竜剣士イグニスターP》 調弦のほか、同胞から生存できた返しなど結構出てくる。 プルガトリオ。

《鳥銃士カステル》 グラスベル下でも出せて、アレイスターなどを無理なく使うための素材指定無。
《EM トラピーズ・マジシャン》 殺意枠。指定素材が普通に揃うのでフィニッシャー布陣によく入る。メルカバー。
《弦魔人ムズムズリズム》 アイス×2で出ない★3を呼ぶ=ラクーン効果枯渇後の終盤なので、突破力重視。

他候補
《トーテム・バード》 ありがたい魔法罠対策だが、序盤に3が並ぶパターン自体があまりなく出現率は低い。
《虚空海竜リヴァイエール》 召喚魔術やトルネードで除外したカードの回収。
《アーカナイト・マジシャン》 混沌の場で無限除去できるため、ついつい入れたくなる。ほぼ白翼ありき。 メルカバー。
《真紅眼の鋼炎龍》 ウィンターベル効果ガイアロードなので基本出ない。手順上メイン2で出しておいしい奴を選定。

エクストラは2,3枚レアケース用が入っているため、調整によってセカンドライディーンやシンクロドラゴンへの差し替えも検討範囲内です。
WW展開の妨害に途中のシンクロを狙われた場合、いちおうファスト・シンクロどちらも耐性はありますがドランシアの横にハマーコングがいるとファストはなすすべなくエクストラに飛びます。ただヴァイパーに強いのはファストの方です。
召喚機会の怪しいアーカナイトを入れるぐらいなら、ミラクル採用してウィンターから破魔導師という選択肢も。
イグニスター後にラスターがあそぶため、マジェスター等を検討するのもよいかもしれません。



■うごき

初手最強展開はおそらくアイスベル同胞マジェスティックです。
 クリスタルウィング+フロッグフォックスクロウとなって 2除去2無効が用意できます。
 ついでにコールなどから調弦含むスケールを用意できればファストが追加されます。

基本的にはサーチ4枚にあかせてマジェスティックPを確保し、地道に1:1交換していく地味なデッキです。
凌ぎに凌いだうえで、WWやP召喚の暴力で制圧します。それが先攻からできるか待つかだけの話。
同胞さえ通ればなんとか数は揃うので、そこにうららを食らわないように他を囮にして揃えていきます。

弱点は効果1回で2ドローが確定してしまう《増殖するG》。その後のスノウベル・シンクロまで合わせれば3ドローを許します。
マジェスペクター罠が確保できていれば、それぞれをコストとして残すことで一応の中断も可能です。
ただ元が2:1交換をペンデュラムで軽減するシステムのため、相手の手数を増やしてしまうことは捌ききれない状況を招きます。
最強布陣を敷いたつもりでも《ハーピィの羽帚》で瓦解し、対抗策が右手しかないのも辛い所です。

WW制約の影響でイグニスターが出ない、そもそも低レベルP召喚ができないってケースもちょくちょくひっかかるのでご注意ください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ