それでもタイムテーブルは回っていた~それ街補完

Article_Hy7FjuQbvkuybb5fayS3NLhYmdn3U2Vk_1.png


それでも町は廻っている、完結。

マンガ読み歴もぼちぼち長いのでかれこれ様々な作品の最後を見送ってきましたが、中でも大変切なかったのがこの作品。
推理小説・探偵好きな女子高生「嵐山歩鳥」と彼女を取り巻く丸子商店街や尾矢高校の面々の3年間を追った1話完結連作集。その話ごとの連続性が心地よい作品でした。
新聞漫画のごとくこち亀のごとく、ずっとゆるゆると続いていって欲しい空気感。それでも終わりはやってくる。
石黒先生の実験的なマンガ手法も多く、どれだけ読んでもハッとさせられる快作です。
一番好きな話は「一杯のミシンそば」ですかね。それ街らしさと歩鳥の魅力が詰まってる。

自分はアニメから入って3話ぐらいで既刊一気に揃えて以来の身です。
 それより前に勧めてくれた友人よ、断って悪かったオレもハマった。
当時はヒロインへの愛を「俺の嫁」と称する時代でしたが、個人的にそう呼びたいのは歩鳥ぐらいのもんです。
ただ嫁というより理想の姉というか、真田の嫁であってほしいとか、色々語ると長い想いがありますが。

で、本作を特徴づける要素の一つが「時系列シャッフル」。高校3年間を順不同に切り取ったとある日の話が、巻ごとのテーマに沿って集まり連載されていました。
その時系列の考察も読者の楽しみの一つだったのですが、完結を機にファンブック「廻覧板」にて公式設定が公表されました。
ありがたくそれに沿って正確な時系列順で読み返しまた楽しんでいます。
読んだけど読み終わっていない巻が増えていき本の海に溺れていく感覚、3年進級を境に徐々に消化されて減っていく積本に否応なしに終わりの気配を感じていく哀愁。
読み進めることそのものを楽しめる、他ではなかなか得られない充実した読書体験でした。

が、これはあくまで「3年間の中」の時系列であって、一部回想などで明示されていないものもあります。
そんなわけで、読み返し用補足インデックスです。ぶっちゃけ自分用だよ?

しかし連載12年の3年間、つまり4倍の時間を費やして語られた日々なんですねぇ・・・。
@ @ @ @ @ @ @

ファンブック「廻覧板」にて記載されている部分は省略。解説やぶっちゃけ裏話も満載で一緒に集めて損はありませんのでそちらを入手ください。

@歩鳥生前@

 八代辰巳、ひと夏の出会い ・・・@5-35「下町雪訪い小話」

 呪いのビデオ、撮影される  ・・・@13-105「呪いのビデオ」

 森秋先生が数学を志した経緯 ・・・@1-9「恋の方程式」
  件の事件の時点で教職についているため、森秋は30台後半程度か

 歩鳥誕生

@幼少期@

 ひろちゃんのプールに乱入 ・・・@9-72「嘘つきリッちゃんの亡霊」

 ばーちゃんに泣きつく歩鳥 ・・・@1-8「看板娘が大人気」

@小学生@

 亀井堂静、歩鳥・北村との出会い ・・・@14-108「続・夢現小説」(初版では続がついていない)

 真田、歩鳥を突き放し疎遠に ・・・@1-5「愛の逃避行」
 静、行動を開始 ・・・@3-26「少女探偵誕生」(TL未掲載)
  ほぼ唯一の回想ではない全編過去編

 タケル誕生

 ばーちゃんに本を買ってもらう ・・・@8-60「歩鳥となぞの王国」

 磯端善治、入院前にレシピを隠す ・・・@6-46「タイムカプセル」

 歩鳥と中山律子の戦い ・・・@9-72「嘘つきリッちゃんの亡霊」
 
 ユキコ誕生

 真田、安全コーンを開発 ・・・@14-107「歩鳥撃沈」
  9-67「答砲悋気」でも現在の様子をみられる

 綾鳥家での写真 ・・・@9-72「嘘つきリッちゃんの亡霊」

 タイ山ポール、歩鳥が好きな少年たち ・・・@5-38「卒業式」

 歩鳥のバレンタイン ・・・@1-8「看板娘が大人気」
 真田が歩鳥を意識しだす ・・・@7-58「血のバレンタインデー」

 森秋、女子高生にアタックされる ・・・@1-9「恋の方程式」
  相手の年齢が不明なため、おおまかに10年弱前の想定

@中学生@

 サイフを落としばーちゃんに泣きつく歩鳥 ・・・@1-8「看板娘が大人気」

 紺先輩、中二と高一の思い出 ・・・@9-71「歩く鳥」

 針原から見た紺先輩 ・・・@13-104「暗黒卓球少女」

 真田と歩鳥の一コマ ・・・@7-58「血のバレンタインデー」

 真田、人生初フリ ・・・@15-119「不猟少年不良少女群像劇」 

@高校生@

 歩鳥とタッツン・針原の出会い ・・・@13-105「歩鳥初体験」、12-90「消された事件」
 メイド喫茶シーサイドの始まり ・・・@1-8「看板娘が大人気」、12-90「消された事件」

 入学祝いで万年筆をもらう ・・・@2-12「それでも町は廻っている(前編)」

 タッツンの水泳補習 ・・・@15-116「メガネ行方不明事件の全貌」
  ちなみにタッツンはその1年夏に歩鳥とプール・海に行っておりそれぞれで水着が違う
  カナヅチの件を察していながら容赦なく煽っていく歩鳥

 課題で作成したHP ・・・@2-17「出張メイドサービス」 → 3-24「Detective girls」

 歩鳥と針原で紺先輩の話 ・・・@13-104「暗黒卓球少女」(TL未掲載)
  明示されていないが、4-32「激突!妖精VS死神」で過去話を聞いた後の11月ごろか

 (基本ぼっちの)紺先輩が「森秋に告白した女生徒の話」の続きを仕入れる ・・・@3-25「呪いのルーレット」
  時系列的にクラスメイトの女子たちと交流ができているため、そこで話題になったか?

 タッツンのフラれニキビ ・・・@10-78「Detective girls2」
  真田への告白などが裏であったのかと思われたが、特に因果関係はない模様
 
 タケルとエビちゃん、電車でおでかけ ・・・@14-112 「エビの恩返し」(TL未掲載)
  現在のシーンは明示されていないが、タケル5年時かつ服装から冬ごろ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ