影星軌道兵器の薦め

ドランシアなんでしぬん?

《影星軌道兵器ハイドランダー》
特殊召喚・効果モンスター 星8/闇属性/機械族/攻3000/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地にモンスターが5体以上存在し、それらのモンスターのカード名が全て異なる場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。
自分の墓地のモンスターのカード名が全て異なる場合、フィールドのカードを1枚選んで破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。


個性的かつデッキ構成にも独自性を求める効果の割に、高レアリティでなくノーレアですらないちょっと珍しいカード。
ダークやライトレイを思わせる細かい指定に加え、コストの様子によっては不発もある諸刃の剣。
《炎熱伝導場》+《ラヴァル炎火山の侍女》のような同名効果の連続は許してくれません。
その対価は、召喚にも発動にもほぼリスクがない軽さに加え、処理時選択により対象をとらない強力な制圧力。


文面上だけ見れば、(このカード以外を)被らせてはならない、【ハイランダー】で安定するとみえます。
しかし複数枚投入にて狙った動きを早く引き込む&繰り返すことを安定性と呼ぶなら、ハイランダーはその対極です。
墓地肥しの速度を鑑みれば《隣の芝刈り》に頼りたくなり、更に引きムラを生じがちです。
ただ《闇の誘惑》《トレード・イン》の両者に対応し、地味に《黒き森のウィッチ》対応。
軽さという点では高性能で、気軽に使ってみたい一枚。
なれば、「いかに少ないカードで召喚条件を整えられるか」、検証すれば使い道も広がるでしょう。
そんな影星兵器の呼び水の世界にご案内します。

まずはじめに、かつてはこんなことが可能でした。

《任意の十二獣》
→《ブルホーン》
(サーチ1)
 →《ライカ》 (《任意の十二獣orブルホーン》蘇生)
  →《ワイルドボウ》
   →《ハマーコング》
    →《ミセス・レディエント》


 この動きにより、場にミセス・手札に後続を残しつつ十二獣5体を墓地に落とす、という荒業が可能でした。
ドランシア禁止後に登場したカードですが、むしろドランシアより強いカードを似た動きから出せたわけです。
エクストラデッキから数を稼ぐため、デッキスペースも融通を利かせられます。
始動札が各1枚でも計6種。天機ベイゴマガイドまで含めれば最大10枚。
複数搭載がしづらいハイドランダーの特性にも合ったギミックでした。

しかしブルホーンも後追いにより禁止となり、十二獣エクシーズは4体に。
問題は数ではなく、「ライカを発動する前に十二獣を墓地に落とせるカード」が両者死んだのが痛い。
このため、現在は《モルモラット》か《サラブレード》の召喚時効果で墓地を用意したときのみ、初手でこの動きができます。
始動札が2~4枚に減り、サーチによるアドも1枚減った格好です。

以下は、この動きと比べると「始動札が少ない」「デッキ内容に影響する」と、ダウングレードともいえます。


《マスマティシャン》
→《素早いアンコウ》
 →《任意の素早い》2体SS
  →エクシーズ《任意のランク2》
    →リンク(★2・マスマ)《プロキシー・ドラゴン》or《星杯神楽イヴ》


《素早い》はアンコウからだせる種が地2水2計4種あるため、被らせずにある程度数を稼げる。
地属性のモモンガ・ムササビならば、エクシーズの代わりにミセスにリンクしてリンク3まで上げられる。
《おろかな埋葬》《レスキューキャット》といったカードからも狙えるが、その場合は最後に素材を持ったエクシーズを処分する必要がある。処理手段はリンク召喚が一番楽なので、リンク素材の相方にしやすい《マスマティシャン》は取り回しが良い。
《ゴーストリック・サキュバス》ら重ねエクシーズができるタイプは更に1種稼げる。


《魔界発現世行きデスガイド》
 →《魔サイの戦士》SS
  →エクシーズ《M・X-セイバー インヴォーカー》
   →インヴォーカー効果《任意の地属性☆4・戦士or獣戦士》SS
    →魔サイ効果《任意の悪魔族》埋葬
      →リンク(インヴォ・地☆4)《ミセス・レディエント》


 魔サイの緩衝効果で数を稼ぐ。ただ始動札が制限カードなのが問題。
 グラバースニッチを埋めれば、SSした彼岸を自壊させ更に数を稼げる。ファーファレルあたりが無難か。
 その際《幻影騎士団ブレイクソード》ならついでに除去もできるが、非彼岸がいなくなることで場に残ってしまう。
 インヴォーカーは数少ない「数を増やせるエクシーズ」でかつ地属性なので、ミセスに繋げて墓地肥しへ貢献しやすい。


《ジェネクス・ウンディーネ》
 →《水晶機巧ローズニクス》コスト《ジェネクス・コントローラー》サーチ
  →ローズニクス効果《水晶機巧トークン》SS→《リンク・スパイダー》
   →蜘蛛効果《ジェネクス・コントローラー》SS
    →エクシーズ(ウンディーネ・ジェネコン)《発条空母ゼンマイティ》
     →ゼンマイティ効果《任意のゼンマイ》SS
      →リンク(リンスパ・マイティ・ゼンマイ)《任意のリンク3》


 ウンディーネでトークン生成し、それで出したリンスパの手札展開効果でサーチしたジェネコンも余すことなく利用する綺麗な動き。
 リンク2も適宜かませられるのでもう1枚肥やせるのもポイント。勿論上記と同じインヴォーカーでも可。
 ゼンマイにするといいのは、マイマイ・ニャンコからの除去はさんだり、ネズミでマイティを釣り直すことでリンク4にもいける点。


《捕食植物オフリス・スコ-ピオ》
 →《手札のモンスター》コスト《捕食植物ダーリング・コブラ》SS 《任意の融合・フュージョン》サーチ
  →エクシーズ《M・X-セイバー インヴォーカー》
   →インヴォーカー効果《任意の地属性☆4・戦士or獣戦士》SS
      →リンク(インヴォ・地☆4)《ミセス・レディエント》


コストの都合所要枚数は1枚増えるが、その分マーカー2つと融合が確保できるため後続展開幅が広い。
サーチ可能な《ブリリアント・フュージョン》単体でも素材3体と《ジェムナイトレディ・ブリリアントダイヤ》で4枚まで確保できる。
 特筆すべきは、ダブり調整役として相性のいい《妖精伝姫シラユキ》もセラフィからキープ可能なところ。制限カードとなり状況も厳しい中、この2枚スタートの動きから自身+9枚に水増しできるため、無差別墓地肥やしをしない40枚デッキでも運用しやすい。

〇それ以外に相性のいいデッキギミック

・【幻影騎士団】
 モンスターは主軸の☆3三種と付帯☆4ニ種と少数精鋭。
 これらは墓地除外によって発動する効果を共通でもつため、ダブった時の対処がしやすい。
 ピン採用に絞る必要がないため、主要ギミックとして活躍させられます。
 ブレイクソードからの二段エクシーズ、ランクアップなどエクストラデッキからも掘り出しやすい。
 地味に《幻影死槍》の破壊耐性付与は「闇属性」と広いため、ハイドランダーにも適用できます。

・【推理ゲート】ならびに【インフェルノイド】
 ハイドランダー自身は特殊召喚モンスターであり、「通常召喚可能なモンスター」にカウントされません。
 そのため自身も落ちますが、同様の特殊召喚モンスターを積み込むことで芝刈り以外の墓地肥やし手段を得られます。
 召喚のあては《聖光の宣告者》で回収・または墓地調整のできるよう☆2を用意するとよいでしょう。デビフラがいます。
 この特性を利用した先駆者インフェルノイドも墓地調整に長け、ダブり調整も容易です。
 ただ1回あたりコスト2と場へ離れる本体1で3枚減るため、余剰は多めに必要になります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ