FC2ブログ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけまして機界の門

あけましておめでとうございます。戌年に使いたいカードは《Kozmoードッグファイター》、戸付湯歌です。

正月で拠点外にいると作業らしい作業(※デッキ調整)も設備上できないのでキーボードに逃げてます。
年明けなんで何か開けようかなーと思い、機界騎士の門を開ける手段にでも思いを馳せます。
まぁ、召喚条件を整える(同じ列にカードをそろえる)ことを開門っていう奴、自分だけですけど。
きたるべきティアマトンへの応用も見込んで、ぼやけた頭で並べます。
環境都合、色や画像はないのはゆるしてね

大ざっぱに必要枚数順。

《雷帝家臣ミスラ》
 「相手の場に配置」と「自分の場に配置」を兼ねられる特異点カード。
 でるのも壊獣やサタン・ウォビーと比べローリスクなトークンで処理もたやすい。
 蒼穹と相性が良く、アドバンス召喚で出してサーチ数も+1、そのサーチした後続も☆6ならばミスラによる追加でアドバンスもでき、初動から結構な展開を期待できる。
 一方で置きづらい場所を生かせるとはいえ、独力では揃わないのでバックとの併用が必要。
 またそのターンエクストラ絡みの展開はできなくなるので注意。まぁ鈍器ジャックナイツにはあまり関係ない。

《トーチ・ゴーレム》
 とりあえず準にはなったが今後も順調に規制のかかりそうなクソカード。いやオレは昔から好きだったんだが。
 召喚権基本不要なジャックナイツとは、その先のスカルデッドのSS効果と併せて優秀。
そしてエクストラ枠はそこそこ余裕があるので占有も許容できる範囲。
 アカシック+トーチ2の時に1体目。(その後セキュリティのために退く必要があるため紺碧か紫宵)
 トーチ3からアカシック対岸に出したカードの後ろにもう1体といったところ。
 スカルデッドならさらに追加1、ヴァレルロードならトーチとエクシーズなんかも。
 紫宵で跳べるならトポロジックで叩き割るのもいい。
 ただヴァレル・トポロジック以外の場合はトーチ処理手段に注意。傷跡・スカルデッドで600あげても上から殴れるのは紫宵のみ。


なんか初手脱線してた気がしますね。以降は自分フィールドで完結できるカードで。
 性質上主に魔法罠サーチカードとなります。

《ヴァイロン・スフィア》
 「墓地に送られた場合」というゆるゆる条件のヴァイロンチューナーの1。
 唯一リンク1《リンクリボー》対応のためこの用途に使える。
 《蒼き眼の賢士》によるサーチなどにも対応し意外と小器用。
 固有効果の「装備付け替え」は位置変更にも使えるので、追加展開への応用にも。

《光波異邦臣》
 スフィア同様にリンクリになりながらしれっとサーチできるカード。
 エクシーズ素材効果で使い回せることも合わせ、光波竜を採用しておくとサーチしたカードも無駄にならない。

《海皇子ネプトアビス》
 《海皇の咆哮》も実はサーチ対象なんですよ。自力でリンクリにも。
 竜騎隊からのサーチで後続も残せるしもちろん除去も可能。ただ他にやることはないのか。

《アクアアクトレスーテトラ》
 アクアリウムサーチにしてこのカードもレベル1。ただリンク素材にしてしまう都合効果自体はあまり生かせない。
 強いて言えば割られてももう1度動き直せうるくらいか。

《炎舞ー天機》
 逆に場に残るサーチ魔法。召喚権を使う前にうららタイミングのため方針転換しやすい。
 これも《リンクリボー》を使う都合、サーチ先は☆1となる。
 X-セイバー・妖仙獣のほか、ジャックナイツの弱点「圧倒的高打点」対策になりうる《ネコ耳族》も選択肢?
 《リンク・スパイダー》でよければバニラ・デュアルも可。

《潤いの風》→《アロマセラフィーアンゼリカ》
 永続カード側からのサーチ例。恒常サーチになるので持久力にも期待。
 相変わらずリンクリ頼りなのは他にバリエーションがほしいところ。
 植物サーチなのでライフと手札状況によってはジャスミンも選択肢。

《地獄門の契約書》《DD魔導賢者ケプラー》
 相互サーチしあえるのが利点。契約料を呑んで場に残せば次のターン以降にも利用可能。
 ケプラースタートで地獄門からラミアを引っ張れば、使用後にハリファイバーも用意できる。

《オルターガイスト・マリオネッター》《アマゾネス王女》《E・HEROブレイズマン》
 《ガガガシスター》《カラクリ商人壱七七》《先史遺産ネブラディスク》《地中界シャンバラ》

 魔法罠をサッとサーチできるカードは以外と少ない。《サブテラーの導師》は反転までこなす必要があるため、始動としてはこのカードになる。上記ケプラーほど都合のいいカードはそうそうない。
 それを達成しても、SS効果も備えている王女以外は単身の場合《副話術士クララ&ルーシカ》で強引にエクストラにおく必要があるので、別途リンク素材を用意しない限りはあまり使いやすいとはいえない。

《おジャマ・ブルー》《おジャマパーティー》
 セットする用の魔法罠と《リンク・スパイダー》用通常モンスターを確保。
 発動条件のテンポが問題なのは変わらず。

《ドラゴノイド・ジェネレーター》《巨神竜の遺跡》
 トークン生成永続魔法。しかしコストやデメリットでそう簡単にシナジーとはいえない。


《簡易融合》
 アイズ・サクリファイス2種で装備を稼ぐことによって2列確保。使用後は例によってリンクリボー。
 当然ながらどちらも相手の動きありきなので他と少し毛色が違う。
 ミレニアムアイズは手札誘発保護も役割のため、一概に初動向けでないとはいえないが。

《ブリリアント・フュージョン》
 永続魔法の残る融合と、極単純な揃え方。
 ラズリーによる手札確保を狙いつつ、5~8まで適当なレベルも用意できるのでエクシーズもしやすい。
 セラフィは光属性であるジャックナイツを肥やす手段にもなり深層ともシナジー。
 素引きラズリーは最悪《リンクリボー》にできるため、昔より事故リスクは落ち着いている。

《レスキューラビット》
 イゾルデはもちろん、装備カードとして引きずり出せるピコファレーナという選択肢もあるので異なるスペース配分で採用できる。
 《共振虫》経由で素材要員のサーチも狙える。 
 ふつうに《魁炎星王ソウコ》にするのも天機ギミックと噛み合わせやすい。

《終末の騎士》《V・HEROヴァイオン》
 ディアボイゾルデ経由で《妖刀竹光》を落としてサーチしたカードで達成。
 ヴァイオンは融合も経由できるが、融合しないとエクストラに移せず単体での開門は難しい。
 竹光のロックコンボは傷跡のハンデスとも方向性が合い、芝刈りとの親和性も共通。

 枠は色々嵩むがSSした戦士とディアボもう1体が残るため後続も考えられる。
 《サモン・ソーサレス》に繋げて出した騎士も紫宵で飛ばせば効果が復活するが召喚位置の関係で少し難しい。

 他例として、SSした《極星霊ドヴェルグ》でリンクしてドラウプニルを回収するのもスマート。
 応用度外視でコンパクトに納めるなら《オーバーテクス・ゴアトルズ》や《トリック・デーモン》も。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

まあ結局アドの概念が壊れた9期10期力でそろえるパターンですね。スフィアは本当綺麗なシナジーだよ。
動きがわかりやすいジャックナイツは拡張性も高いので、色々混成して楽しめると思います。
今年の上半期分の抱負はこの辺のどれかを使いつつジャックナイツで店舗予選取ることです。もちろんグレイドルでもいいんですが。
今のところワントップを睨みつけるささくれた環境にはならなさそうなので、楽しく上をめざせそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。