FC2ブログ
人気ブログランキングへ

くそでっき再び【魂を吸うヴァイオン】

環境の次点・対策的位置に常に潜む、息の長いデッキ、【HERO】。

古くは【光デュアル】としてのメタビから【アライブHERO】のような後攻ワンキル、ダークロウ登場後は制圧に寄り手を変え品を変え生き残ってきたバリエーション豊かなデッキです。広い意味ではD-HERO軸の【ドグマブレード】も含まれるでしょうか。
《D-HERO ディアボリックガイ》も生贄にシンクロ素材と、ちょくちょく単体で成果を上げてきました。

制限経験の強力なカードも多い中、まだ未規制ながら高いポテンシャルを持つ1枚が昨年登場のこのカード。

take (1)

《V・HERO ヴァイオン/Vision HERO Vyon》  星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から「HERO」モンスター1体を除外して発動できる。デッキから「融合」1枚を手札に加える。


本来は墓地肥しor融合サーチの2択ともいえる一連の効果。
シャドーミストと組むことで1枚から2枚サーチというエアーマンもびっくりな成果を上げてきます。
とはいえ、そもそも消費の激しい正規融合のサポートを前提とした回収能力とも言えます。
後続ルートとしても、更に数を増やせるディアボリックガイあってこそというか。
なんだかんだ、最終成果はデッドリーを経由したランク6ベアトリーチェ程度まででした。


しかして、手札があふれんばかりのサーチを平気で独力で行ってくるのが現代遊戯王。
複数キープは珍しくもなくなりつつあり、こんなサーチ&SSを独力でできるカードだってあります。

take (2)

《聖騎士の追想 イゾルデ/Isolde, Two Tales of the Noble Knights》L2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】 戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。

(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。


「無償サーチはできるがコスト・素材にしか使えない」「レベルに応じてデッキ内の装備魔法数が必要」と、構築段階の制約をつけつつも手札面でいえば消費もなく、単純な+2でリンク素材2体分の消費を余裕で補います。
ちなみに、墓地に落とすことでメリットになる装備魔法はサーチ効果のある《妖刀竹光》のみです。

素材代用に戦士族が居ないので調達員さんに代用願いました take (2) take (4) take (3)

ん、素材?融合?ディアボ?竹光・・・?これは出会ってはいけない奴らが結集してないか?


というわけで、何が起こりうるのかを思考整理として解説。

このブログでいう「くそでっき」とは、「ゆかいなソリティアデッキ」位を指すと思ってください。
 過去にはこんなのも。  →【ブリリアント海皇】 
 広い意味ではこれもかな・・・ →【翠星の最終防衛戦線】
 
あいきゃっち

○目的○

先攻《V・HERO ヴァイオン》召喚を決める。 以上。

ディアボを落とすことだけを目的とするなら《終末の騎士》も可。《ダーク・グレファー》まで含めれば《増援》あわせ10枚体制まで期待できるのはディーヴァとはまた違ったところ。


〇ながれ

《V・HERO ヴァイオン》 の効果で落とすカードで分岐
 A→《D-HERO ディアボリックガイ》直接・・・蘇生2回(終末他で代替可) take (1) take (4)take (4)
 B→《E・HERO シャドー・ミスト》経由  ・・・融合・ディアボ手札
   融合使用→《D-HERO デッドリーガイ》、ディアボ蘇生2回
take (16) take (4)take (4)take (2)

 となり、これだけならどちらでもモンスターの数は変わりません。
 手札のディアボを融合以外で処理したり、ヴァイオン以外と手札融合できると展開数が増えます。

 A  :ヴァイオン+ディアボ→イゾルデ&ディアボ take (2)take (4)
 B-1:デッドリー+ディアボ→イゾルデ&ディアボ take (2)take (4)
 B-2:デッドリー+ディアボ→《X・HERO ワンダー・ドライバー》
     ドライバーリンク先ディアボ→《融合》&イゾルデorリンク3
take (2)take (2) take (5)
 B-3:ベアトリーチェ+ディアボ→コードトーカー

 このように、デッドリー経由でもドライバー追加でディアボ1体の代わりに《融合》を残せるようになりました。
 イゾルデの素材を揃えるのに《レスキューラビット》や《M・X-セイバー インヴォーカー》をはじめとしたさまざまな方法がありますが、ディアボリックガイか《融合》を残し展開を継続できる点が差別化点といえるでしょうか。
 これまで主流だったB-3だとダンディ→ワイアームのように派生が広がりすぎるので今回はイゾルデの話に絞ります。

《聖騎士の追想 イゾルデ》のサーチ・特殊召喚先:装備数・レベルで分岐
  《極星霊ドヴェルグ》《ヒーロー・キッズ》といった候補も多いが、今回は以下の2種が重要。

 装備1枚 →《アタック・ゲイナー》《屈強の釣り師》 (最小のチューナー)
 装備4枚 →《E・HERO プリズマー》 (融合素材代替)

これらを組み合わせることにより、以下に派生します。
  A-1:イゾルデ+チューナー→《水晶機巧ハリファイバ-》&チューナー
shooting_star_dragon.jpg   チューナー+ディアボ→7~9シンクロ
  例1:《ジェネクス・コントローラー》→《レアル・ジェネクス・クロキシアン》
  例2:☆2チューナー→《スターダスト・ドラゴン》
         ハリ効果→シューティングスター・オニマル
  A-2:ディアボ+チューナー→イゾルデー《水晶機巧ハリファイバ-》&☆1チューナー
トポロジック・ボマー・ドラゴン   イゾルデ+ハリ→《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
 ☆1チューナー→《リンクリボー》:トポロジック起動

  B-2:《融合》&イゾルデ&プリズマー イゾルデサーチ融合素材となる戦士族
take (10)   融合→指定の戦士族モンスターを素材に含む各種融合モンスター


       《魔導戦士ギルティア》 《冥界の番人》《王座の守護者》
       《カルボナーラ戦士》 《マグネッツ1号》《マグネッツ2号》
       《炎の剣士》 《炎を操るもの》+《伝説の剣豪MASAKI》
       《アンデット・ウォリアー》 《ワイト》+《格闘戦士アルティメーター》
c1a8e0473c40261077b7e831831be96f.png 593e8be759ad36ceee5440066501a6ee.png 46d55989b776937909bbd43f13ba710b.png
 わー、城之内のなぜか融合にされたカードたちがヴァイオン1枚から実質通常召喚できるぞ-
 (アルティメーターは素材側だけど)

       《レアメタル・ナイト(ヴァルキリー)》 《レアメタル・ソルジャー》《レアメタル・レディ》
       《魔装騎士ドラゴネス》 《一眼の盾竜》+《アーメイル》
       《ドラゴン・ウォリアー》 《スピリット・ドラゴン》+《戦士ダイ・グレファー》
       《闇魔界の竜騎士ダークソード》 《漆黒の闘龍》+《闇魔界の戦士ダークソード》

       《竜騎士ガイア》 《カース・オブ・ドラゴン》+《暗黒騎士ガイア》
       《サイバー・ブレイダー》 《ブレード・スケーター》《エトワール・サイバー》
       《Dragoon D-END》 ドグマbloo-D
       《D-HEROディストピアガイ》 ドグマかbloo-D+任意のD-HERO
       《アマゾネス女王》 女王+任意のアマゾネス
       《アマゾネスペット虎獅子》 +任意のアマゾネス

       《真紅眼の黒刃竜》 レッドアイズ+任意の戦士族
       《ユーフォロイド・ファイター》 ユーフォロイド+任意の戦士族
        (最大攻撃力ゲートガーディアン)
       《E・HERO ネオス・ナイト》 ネオス+任意の戦士族
       《V・HERO アドレイション》ほか各種HERO 任意のHERO+任意のHERO
       各種属性E・HERO・召喚獣 《召喚士アレイスター》(プリズマーそのままでも可)+任意の属性の戦士族
       《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》 《サクリファイス》+任意の戦士族効果モンスター
       《異星の最終戦士》 《魔力吸収球体》+《ダークヒーロー・ゾンバイア》

ゲームテキストは地味にセンス高い

・・・ん?

  B-2:《融合》 & イゾルデ:サーチゾンバイア & プリズマー:吸収球体
       融合→《異星の最終戦士》(イゾルデはしめやかに爆散)

元ネタは原作の花咲君 ゲームテキストは地味にセンス高い オーパーツの先駆け

・・・んんん???


●ところで

take (8) take (3) take (12)
 イゾルデの発動にあたって、装備魔法の採用が必要になります。
 役立つのはディアボにうらら食らった時のリカバリとしての《D・D・R》や意地でも戻ってくれる《執念の剣あたりです。
 装備魔法は「フィールドから」送られる必要のある墓地効果が多く、デッキから落ちても発動できるのは《妖刀竹光》程度なのは前述のとおり。
 そんなわけで【竹光】ギミックが採用できるわけです。

take (7) take (11)
 Aパターンで呼べるチューナーには《ヴァイロン・スフィア》がいます。
 【機界騎士】の開門で日の目を見たカードですが、シンクロ・リンクに使う相手が他にいる場合は他のヴァイロンでも可能なわけです。
このカードの利点はA-2のトポロジック単独起動もそうですが、イゾルデで送った装備を任意で引き戻せるところに独自のシナジーがあります。
発動コストを踏み倒すのはもちろん、サーチのために送った《妖刀竹光》がここに。・・・ん?

  A-1: ヴァイオン+ディアボ→イゾルデ&ゲイナー コスト妖刀:《魂を吸う竹光》サーチ
       イゾルデ+ゲイナー →《水晶機巧ハリファイバ-》&スフィア
       スフィア+ディアボ  →7シンクロ:スフィア→妖刀装備
        ※7シンクロにはハンデス可能な《X-セイバー ウルベルム》がいます      
        ※ハリに装備した場合、相手ターンサーチ&ライフストリーム耐性コストになります
take (7) take (17) take (3)

  A-2:ディアボ+ゲイナー→イゾルデー《水晶機巧ハリファイバ-》&スフィア
      イゾルデ+ハリ→《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
      スフィア→《リンクリボー》:トポロジック起動・スフィア装備
       ※妖刀効果使うまでもなく場を空にしてダイレクトできます
トポロジック・ボマー・ドラゴン take (3)


●つまり

 ヴァイオン1枚からドローロックor召喚ロックが可能。


 最終戦士ルートでも竹光のサーチは1枚あるため、もう1枚を待てばドローロックも成立。
 最終戦士は性質上、「相手が毎ターンセットしてくるモンスターへの対応」がないとダメージが入らず千日手となります。
 そのため一時無効や耐性による展開か、貫通や直接攻撃の付与が必要です。
 このうち直接攻撃での対応を《妖刀竹光》によって達成できているのがなかなかにひどいところ。

 この選択肢は、イゾルデの後スフィアを目指すかプリズマーを出すかで分岐しています。
 つまり、ヴァイオンとは別にどちらかを用意すれば?

ヴァイオン+《ワン・フォー・ワン》で直接スフィア確保
 →Bルートでプリズマーから最終戦士、プリズムを破壊に巻き込んで最終戦士に妖刀装備

ヴァイオン+《ヒーローアライブ》で直接プリズマー確保 or 吸収球体素引き
 →Bルート変形でイゾルデ+チューナーからハリ+スフィアを巻き込んで融合

ヴァイオン+竹光
 →Bルート速攻

ヴァイオン+融合
 →Aルート変形でプリズマー、イゾルデ+ディアボでソーサレス
  プリズマー対象でゲイナー、ゲイナー+ソーサレスでハリ&スフィア

ヴァイオン+《ダーク・グレファー》
 →Bルート変形でディアボコストでグレファーSS、ドライバー経由せずイゾルデからプリズマー
  ソーサレスでゲイナー、ソーサレス+ゲイナーでハリファイバー&スフィア
  ハリのリンク先にグレファー+スフィアで神楽イヴ、イヴにスフィア装備し最終戦士を生存

ゲームテキストは地味にセンス高い
take (3) take (8)

このように、2枚で先攻からパーフェクトモード達成も可能、ということ。
 SS可能モンスターで数を増やせれば、最後の例のように相棒付きも可能です。

●むすび

 いやー、カード1枚からここまでできるってどうなんでしょうね・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ