FC2ブログ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リミットレギュレーション予想 2018'10

→ 前回予想 反省会 

あくまでエクストリームスポーツなので、需要とかそういうの抜きでとりあえず挙げたい様に上げます。
禁止 《ダンディライオン》
 ジャスミン始動・ケルビーニ進行を担う、近年のリンクギミックで戦犯とされているカード。
 古くは【獅子黄泉帝】、または【クイックダンディ】の《ドリル・ウォリアー》で毎ターン蒔くなどろくでもない扱いをされていましたが、ファイアウォールによる再利用を得てついに5体分のリンク素材扱いとなりました。一緒に入るマスマと共に地☆3なので、そのうちメリアスも巻き込んで大惨事を起こすと思います。
 旧来ギミック面でも、☆7Sチューナーの《シューティング・ライザー・ドラゴン》登場によりデブリから吊ってそのままトリシューラへ行くことも可能だったりします。
 ゴウフウ・トーチ・スケゴと大量展開カードが規制される中、一度解放されつつも再規制されているこのカードもそろそろ潮時ではないでしょうか。


禁止 《M・X-セイバー インヴォーカー》
禁止 《神剣フェニックスブレード》

 エレクトラムが規制された今、次のVRAINS入り組から目を付けられるのはだれか。
それは世界大会にてハリ・サモソ無し環境ですら猛威を振るった《聖騎士の追憶イゾルデ》ではないでしょうか。
 デザイン通り【聖騎士】で使うと4枚以上の装備魔法を要するなかなか大味な効果なのですが、更に低レベルの戦士族に絞ることでピンポイントかつ効率的な働きをします。特殊召喚だけでなく墓地肥やし・サーチも可能なことを考えると、単純なアドバンテージはかのハリファイバー以上です。このカードはターン1もあるため始動1体いれば良く、制限だけではあまり変化がないため、召喚ギミックと干渉先を巻き込むタイプではないかと。

 召喚ギミックは《レスキューラビット》や《終末の騎士》+《D‐HEROディアボリックガイ》or《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》(ブーツ・ダスティ両者からサーチ可)など色々あるので焼石に水ですが、ベイゴマ・ガイド・ギャラクシーワームといった★3ギミックを全て置換可能にしてしまうインヴォーカーがそろそろ危ないかと。
《H-Cエクストラソード》《十二獣モルモラット》など、適合したモンスターが出るたびにコンスタントに悪さをしてきた歴史もあります。しかも今回はサーチ持ちの《剛鬼スープレックス》と来た。《剛鬼再戦》あたりも危ないですが、悪さはピン採用で充分な以上、純【剛鬼】だけが無駄に泣く結果になるので…。
地・戦士/獣戦士の☆4チューナーが未だに出ないのはこいつのせいではないかともっぱらの噂。

 併せて、装備カードの中でも「複数回の手札コスト」というトロイメアと抜群の相性を持ってしまったフェニックスブレードも危険か。【エアブレード】に始まりかの【ドグマブレード】にも名を残す、なんだかんだ前科持ちの1枚です。前回のマジエクのように、これらカードデザインに制限を課すカードは徐々に封じられていきそうな気がします。ウルナイトは一緒に泣いてくれ。


禁止 《ソウルチャージ》
 出てすぐにバンバン使われ規制、その後大量展開=ワンキルな環境の間はなりを潜めていましたが、エクストラリンク・トロイメア耐性などで1ターン耐えきる制圧盤面を狙えるようになったことで復帰した印象のこのカード。
 数isPOWERのリンク環境において、同じライフでもリンク数計算で更に多く呼べるようになっていますしね。
戦闘がそもそもない先攻1ターン目の制圧構築が主な役目ですし、そろそろアウトかなーと。


制限 《封印の黄金櫃》
 現環境の一角となった【サンダードラゴン】を強力にサポートするこのカード。
 超雷龍のサーチ封じによる強烈な干渉力と破壊耐性により、【閃刀姫】を墜落させ【オルターガイスト】のシェアを上げたという意味でも、トップメタと呼んで差し支えないと思われます。
 毎度おなじみ「まだ最新カードなので規制には早い」の考えのもと、主軸陣よりもサポートパーツがかかるのは歴史の通りです。【征竜】時にも即座に規制されたこのカードはほぼ確実でしょう。


制限 《閃刀起動-エンゲージ》
準制限《閃刀機-ウィドウアンカー》

 環境トップからは相性により一歩引き気味でも、それ以外相手には圧倒的な強さを維持し世界大会の参加者も多かった模様の【閃刀姫】。前回はビットだけで許されましたが、半年経った今野放しは難しいでしょう。(ただし十二獣環境前の【ABC】という前例はある)
モンスターにかかる予想もあるようですが、個人的には強さ、すなわち妨害&突破力の要であるウィドウアンカーこそ急所でないかと考えています。
 ノーコスト汎用コントロール奪取が禁止2制限1エラッタ1と非常に強力とみなされる遊戯王において、条件付きとはいえさらに速攻魔法だなんてドランシアもびっくりの規格外もいいところです。エネコンのリリース結構重いねんぞ。
 エンゲージ?使いまわし可能な1:2交換なんか発売前規制でいいレベルの大前提じゃい


制限 《終末の騎士》
制限 《マスマティシャン》

 【シャドール】時期に一度規制されている彼らですが、最近は再生チューナー落としたりトークンばらまいたりと結構やりたい放題です。《おろかな埋葬》と違って自身もリンク素材用に残せるのでむしろ強かったり。各々イゾルデ・ケルビーニの素材に対応しているのも大きいです。ダンディあたりが規制なら過剰かとも思われますが、そういう巻き添えは往々にしてあるとスポーア先生も仰っておりますので。
前回マスマが緩和された理由は未だにわかってない。だめでしょ(3積みしながら)


制限 《リンクリボー》
 バルブが再録=規制されなさそうなの全然納得がいってないんですが、では何故奴が強いのかという源泉をたどるとこいつの登場にぶつかります。
 SS系☆1を駆使して素材数を嵩増ししたり、わざわざ素材指定から除外させているトークン・通常モンスターを効果モンスターに置換したり。存在そのものが強力な上に、ついでに防御力も高い効果もついている便利屋筆頭。あまりの評判にチョウライオ以来の最強ジャンプ品切れを起こしたりアニメにまで出張りだしたりと今期のアイドルです。
 ゾーンずらしに気軽に召喚されたりトーチで複数使用したりで、小さいなりに複数採用不可の影響が出るカードだと思います。リンスパとアニマに帰ろう。


準制限《トリックスター・マンジュシカ》
 世界大会優勝おめでとうございます。ライトステージなんでまた再録されてんの。
常に環境次点についている印象で、苛烈な規制をすべきかと言われるとなんとも言えないのですが、仮にかかるとしたらここかなと。同時召喚可能など元々裁定が強い。
 このカードを並べるタイプが安定して強すぎるせいで、リンク展開型が全く流行らないのはコナミも誤算なんじゃないでしょうか。初期メンバーが強すぎて後続がイマイチ扱いなのはBFの流れ。どの過去例に倣うか。星因士(優勝無規制)もありか。


準制限《オルターガイスト・マルチフェイカ―》
 こちらは準優勝。そして現環境のメタ枠筆頭。《魔法族の里》も実用化され久々の「つよいコントロールデッキ」といえそうです。自分も使っていたんですが、強さを引き出しきれなかったのは少し色気を出しすぎたせいか。
 3度の収録のどこも優秀なのですが、やはり決定打はアイスベルばりの展開効率を叩きだしたこのカードでしょう。シルキタスとセットでコンスタントに展開と妨害を揃えてきます。「悪くないけど遅い」とされたシリーズがデッキとして採用され頭角を現し始めたのもこのカード登場後なので、多少のまるめはあるかもしれません。


準制限《D-HERO ディアボリックガイ》
解除 《D-HERO ディスクガイ》

 時代を感じさせる、GX中期の2枚。DPトップレアとゲーム付属でアホみたいに高かったのも懐かしい話です(当時現役ではなかったのですが)。後者はエラッタ開放から順当に段階を踏んで帰ってくるのではないのでしょうか。
 前者は《デステニードロー》を絡めたドロー加速+アドバンス召喚要員に始まり、☆2チューナーと併せた☆8シンクロから《バスターモード》《PSYフレーム・Ω》をおっ立ててきた歴戦の勇士です。鳴りを潜めたころにARC-VでのD-HERO強化に合わせて復帰しましたが、《終末の騎士》らからポロッと落ちて+2できる時のこいつが弱かった時代などないはずです。数is POWERのリンク環境で、イゾルデというお得意先もできてそろそろ野放しはいかんでしょう。《輪廻天狗》は帰ってきていますがあいつとはサポートの質が違う。

準制限《彼岸の旅人 ダンテ》
 常にそれなりにユーザーがいないわけでもない、息の長いシリーズ【彼岸】。
問題は《永遠の淑女 ベアトリーチェ》の方なんでしょうが、最近わざわざダンテ経由で出しているケースもあまり見ないですし、トークンが使えるケルビーニと使用感も違う上、《一撃必殺!居合ドロー》のような雑に墓地を肥やす手段も多いのでそこまで問題にならない気はします。
 ファーファ、沈溺とコントロールデッキとしての質が高いので、【オルターガイスト】と共に中速環境の形成に一石を投じてくれたらなと。最近ないがしろなエクシーズの復権にも。当時は狂っているように見えた途切れなさも、最近は結構みんな持ってるんですよね。

準制限《ユニコールの影霊衣》
 同じこと言い続ける枠その2。シュリットが解放され、次は《ヴェンデット・バース》が似たようなことしてる《影霊衣の反魂術》が許されるかと目されていますが、まずはしょっぱなから制限食らっているこの子はどうでしょうと。
 エクストラデッキメタを持つ他のカードと異なり、このカードは永続効果で出た時点から全てを無力化できるんですね。つまりトロイメア耐性やトライゲート・ファイアウォールの妨害に強い。
 【影霊衣】の想定デザインから思うに、やはり初動から出していきたい存在。またサルベージ効果も使う余裕がでてくるので、反魂術嵩増しにもちゃんとなりますしね。
 クラウソラスから軽率に引っ張れる儀式魔法よりも、こっちが先の方が。

準制限《ベビケラサウルス》
 【恐竜族】系列から。前回も挙げたなコイツ。
破壊ソースの不足により最近の型ではどうせ主軸に戻れないってのが主張なわけですが、単純に最近の恐竜があまり純度を求めない《究極進化薬》の影響で単なる出張セットになってる現状がちょっと寂しいんですよね。《ロストワールド》と《ワールドダイナ・レスリング》を使い分ける【ダイナレスラー】とかやってほしいんですけど。パンクラブームに乗りましょう。あっちはプチラノドンの領分だし。

準制限《ネクロフェイス》
 【魔妖】【ヴェンデット】【アンデットワールドR】と続く平成末期のアンデット強化、帰ってくるなら今しかないのでは? 最近はサーチどころかデッキリクルートもバンバン増えているので、墓地リソースを貯めさせないデッキ破壊ってメタとしても有効だと思うんですよ。
黄金櫃が規制されたらまた遊ぼうぜ。【サンダードラゴン】の除外ソースにされるか、はたまたリソースをふっとばすメタにされるか、相性は未知数。強貪・シュトロームベルグといった雑な除外カード登場後に脳筋枠としての活躍がまだ見られていない。

準制限《竜呼相打つ》
 同じこと言い続ける枠その3。
 【魔術師】規制後のペンデュラムユーザーはいかがお過ごしですか。へぇ【セフィラ】だからそんなに影響ない?それはそれは
 【EM竜剣士】時の根絶やしからイグニスター・ペンマジ・眼差しが帰ってきておりますが、リンクに制約がないため元気にハリファイバー作ってるラスターPと共に封じられたままの1枚。とはいえそのラスターが少ないせいで、このカードの強みがあまりないままなんですよね。
 数合わせのマスターP、必須となる竜魔王など、それなりに覚悟して枠を割かないと使えないカードでもあるので、まだ帰ってこれる余地は無きにしもあらず?ただエレクトラムの素材をリクルートと読み替えると危なっかしいよなぁ…
 ラスターをリンクも竜剣士限定に追加エラッタしつつ、竜剣士リンクを収録しちゃうのがある意味面白いかもしれない。

準制限《マスク・チェンジ・セカンド》
 【彼岸】など、闇属性を扱うデッキでのタッチとして利用されてきた1枚。当時はダークロウが出てしまうと詰みなデッキも多かったですが、ケルベロスなどアクセスしやすい除去手段も増えている上《ヴァレルロード・ドラゴン》という極大リスクもありますし、シャドミのような安定供給でなければ選択肢の一つにしてもよいのではないでしょうか。リンクはレベルを参照できないですしね。闇鬼を絡めてライフをごっそり持っていけるってのも心配ですが、それはヴァレルソードさんに先に文句を言ってください。

準制限《超融合》
 【HERO】が育て、【シャドール】がとどめを刺した使い手を選ぶ汎用メタカード。【召喚獣】など似たことができるデッキも増えている上、スターヴ・ドロゴンなど環境を読めば誰でも浮幽さくらぐらいの負荷で採用できるようにもなっています。最近は闇の超雷龍+融合の雷神龍を参照する《捕食植物ドラゴスタぺリア》なんかも狙い目らしいですね。これ覇王スターヴにも当てられそう。
 《サイバース・クロック・ドラゴン》というリンク全体をメタれる手筋もあるので、メタゲームに乗っかってくれた方が楽しそうですね。ダーリングももうおいそれと発動しないし、そろそろありでしょう。

準制限《停戦協定》
準制限《破壊輪》

 最近の異様な展開力に警鐘を鳴らすメタ枠。
 というか《トラップトリック》からぶっぱなしたいだけですね。
 後者はもちろん新規の《デストロイ・ドラゴン》販促との兼ね合いですが、果たして《破壊輪廻》はどこまでこのカードを永久制限にするための意思を帯びているか、ですね


―予想とは別の雑感―

あのパックの再録層がなければ、
禁止 《グローアップ・バルブ》
制限 《水晶機巧ハリファイバー》

 ぐらいはいれていたと思います。で、バルブ再録?ハァ?
誰よりも大暴走しているカードはバルブだと思っているので、未だに禁止かける意思がなさそうなのは驚きです。トリシュナチュビに始まり、お勤めから帰ってきてからもろくなことしたことないぞアイツ。
 ハリファも同様に、シンクロ強化するつもりがあるならもう3か月は生存かなと。
結構複数積みしてる人もいるようなんで、制限でもまあ意味はありそうなんですけどね。複数利用してる人よりピン積みでの使われ方の方が問題だからなぁ…

《トゥーンのもくじ》
 今回はまだだと思いつつ、将来的にはどうかな~~~といった1枚。
エンゲージ代替ブーストが更に重要になりそうな【閃刀姫】だけでなく、メガフリートの流通により全体的に需要が上がりそうなんですよね。今後流行るようなら、【閃刀姫】での仕事量低減も兼ねて準制限ぐらいは覚悟が必要かも。本家【トゥーン】ではブラマジとか、それなりに代替策も用意されていますしね。

―まとめ―

新カード規制(新マスタールール以降)
制限 《閃刀起動-エンゲージ》 《リンクリボー》
準制限《閃刀機-ウィドウアンカー》 《トリックスター・マンジュシカ》 《オルターガイスト・マルチフェイカ―》

以前からマークされていたが近年危険を帯びたカード
禁止 《M・X-セイバー インヴォーカー》 《神剣フェニックスブレード》 《ソウルチャージ》

規制・緩和経験のあるカードの規制再強化
禁止 《ダンディライオン》
制限 《封印の黄金櫃》《終末の騎士》《マスマティシャン》
準制限《D-HERO ディアボリックガイ》

特定のシリーズ・デッキ向け緩和
準制限《彼岸の旅人 ダンテ》《ベビケラサウルス》《ユニコールの影霊衣》
準制限《竜呼相打つ》《ネクロフェイス》
解除 《D-HERO ディスクガイ》

以前流行した汎用カードの緩和
準制限《マスク・チェンジ・セカンド》 《超融合》 《破壊輪》 《停戦協定》


禁止 4
制限 2
準制限 規制3 緩和10
解除 1

総変更数9+11=20

 LINKVRAINSPACK第一弾からもうすぐ1年ですが、それ以降の環境は1強トップがあるとしてもその他のデッキにも簡単にはやられない実力があり、総じて群雄割拠を演じられている良環境が続いていると感じてます。それはつまり、どのデッキでもタッチ・アクセスできる強いギミックがあるという意味でもあり、昔でいう強欲な壺のような「誰でも使いすぎているカード」が特にエクストラデッキ絡みにあるのだと思います。

リンク召喚はトークン利用可能で素材を保持しない性質も相まって、エクシーズらよりシンクロに近い性質があります。
 そのため5D’s期に登場、または活躍したカードの復権が多くなりつつあり、ある種の時代の流転を感じさせます。そりゃチューナー組み合わせもレベルも制約なしな所に「~を含む」といった素材の統一感さえ必要としないものが増えて簡単になってんだから同じカードが更なる汎用性を得て暴走するわなという。

 そういった状況を考慮して、特定デッキへの苛烈な強化よりも様々なデッキから無個性に繋げてしまうカードを軸に、緩和による底上げを重視した予想としてみました。前回「均しより撲滅」と学習したはずなのに、相変わらず均質化予想です。20件と数も多く数撃ちゃ当たる思考になりぎみ。
この秋は招来パックのメンツ的にシンクロ強化が仄めかされているので、また壊れる前に周囲を整備して置いて欲しいものです。秋は壊れ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。