NEXT感想

年齢のせいでしょうか、昔は面白い面白くないで読めた赤マルも、ネクストになった頃からやたらと分析的な読み方をするようになった気がします。
 ただのマンガ読み暦のせいか、バクマン。のせいか。
正直新人作家の批評とかやってられないぐらい本人の精神病んでますが、それはそれで綴ってみます。
小出しな連載と違ってネタバレしづらい読切は具体的な感想が書きづらいわぁ

GODLAND COMPANY
 岩代先生の3作目。ただの能力バトルキャラマンガの第1話。
  岩代先生のマンガのいいところはそんなところじゃないはずなんだ・・・。
 みえるひと・サイレンの弱点はメインのキャラの弱さだと思うのです。雨宮さん除く。
 だから今回はキャラみせを第一にした作品なのではないかと。
  でも脇に偏屈が揃ってる割に主人公・ヒロインにアクが足りないいつもどおりでは。
  クロトはただのガキだし、めおともおっぱい以外の感想は特になし・・・あれ?
 読切みえるひとは面白かったからなー。ストキンとった話や演出力とかで勝負してもらいたいところ。

以下デビュー作達の(基本的に)3行感想。1行目はあらすじ。よかったの太字。

あくゆう!
 悪魔と契約してともだちになってよ!
 申し訳ないがネクストの1個目って大抵大ハズレ。
 書きたいものへの技術不足っていう印象。

科学と破壊と連続殺人犯
 科学捜査。
 刑事・探偵ものが中途半端に緊張感ないのは個人的に受け付けない。
 あとあんま賢そうじゃないからすげーって思わない。
 
ふぁみドル!
 ツンデレアイドルと同棲。
 紹介からアシ長くて苦労した2人なのかなぁ・・・と感じる
 絵も話も悪くないのだが、無難で無個性な印象。

現存!古代生物史パッキー
 恐竜が遊びに来た。
 妙な個性で尖っているが、パターンがくどい。
 最強ジャンプあたりに生息していてほしい感じ。

鬼と花
 不良が恋して改心。今回唯一紹介がない=デビュー作でない。
 なんかスラムダンクかなんかで読んだ流れな気もするけど悪くない話。
 もっとシーンに印象をつけられたらよかったかなと。ただ連載にはしづらい締め。

桃魂ケルベロス
 桃太郎に使役される犬。
 過去話もいいかんじだしハルカかわいいし今回のお気に入り。
 余興のくだりでエロルートを想像した俺はもう汚れている。

キミと私の恋愛相談 新人にしてCカラーとかなにこの期待。
 告白、からのぉ・・・
 ふぁみドルの無難に対してこっちはまじでいろいろデジャブる。七峰?
 絵は河下先生や角川系列の何かっぽいし、話は初恋限定のお兄ちゃん思い出した。
 ただ表現力としての画力は確かなので良作。

HIYOTA GET
 ヘタレがボクシングで覚醒します。
 月人が話を作るうえで絶妙な人物だと思う。やることやらしい割に好青年。
 上手い割にあんま印象的でないのはなんでだろう。

TORCH
 灯台を守って戦います。
 設定と構成が上手くはまっていて読切としての完成度が最高。
 単調になりそうで連載化しづらそうなのが惜しい。
 今回1番のお気に入り。絵がどことなく附田先生なの気のせいか?

超能力少年哀歌エスパ!
 超能力者の学校にいる変人。
 ツッコミが地味で盛り上がりに欠けた。

鏡、生存中!
 再会は鏡合わせで。
 ミステリー的で印象的な話は成功。物語もうまい。 
 ひとコマでキャラがわかる「ぬのぼう!」は天才だと思う。

銀輪のマドカ
 守銭奴を自転車ロードレースに誘います。
 構成もあまり無理が無い、よい王道でした。
 少し前の「箱根RUN!」の亜種といえなくもない。近い作品があったのは惜しい。

コアラの子守唄
 ボディーガードはコアラ。
 リボーン亜種というか、別の混ざってるというか。
 こなれて読みやすい絵だが、原作作画2人で描くような話か・・・?
 
 末席といえば岩本先生(現magico)とか良作の特等席だっただけに残念。


今回気になった事。

桃太郎ネタについて。「桃魂」のモチーフとか、「鬼と花」内の劇中劇とか。
  つーか新説桃太郎ってどこのSKETDANCEやねん 篠原傘下?
 前回も「新鬼ヶ島」他いくつか桃太郎被りしてた気がする。
 なにこれ桃太郎流行りなの? ただでさえ食い合いのネクストで被りはまずくない?
 一時バスケマンガ2つとかザラだったしなぁ。面白さ絶対主義でも被りはどうなん。
 偶然の一致ならまだしも、担当の方で多くに薦めてるなら良くない気が。
 とりあえず、サッカー連載ローテーションはなんとかしてくれ・・・。

ごはんについて。
 「TORCH」「桃魂」で餌付け食事が大きな意味をもっている。
  「ふぁみドル」でも食事が重要なシーンで使われた。
  「銀輪」でも1シーン。地味にエニグマも。
 「ネウロ」の弥子辺りでジャンプに出現したごはん属性、流行か?
 こういった生活の基礎を重要視するのは、震災の余波だったりするのだろうか・・・

2組の分業作家について。「ふぁみドル」と「コアラ」。
 確かに作画専業は画力が1馬身差ついていると思う。
 というか話がまぁまぁなのに絵で陳腐に見える作家が最近多い。
  特に集中線に勢いを感じないのが多い。上手い線は「HIYOTA」「TORCH」ぐらい。
 ジャンプ作家は下手とか言われるけど、小奇麗な絵じゃないって意味のはずで。
 マンガ技法が上手くなるだけで変わる人結構多いと思う。
 逆に今回の2組は話がベタを抜けきれず弱いということなんだろうか。

ジャンル
 バトル  「あくゆう」「桃魂」「TORCH」
 スポーツ 「HIYOTA」「銀輪」
 ラブコメ 「ふぁみドル」「恋愛相談」「鬼と花」
 コメディ 「コアラ」
 ギャグ  「パッキー」「エスパ」
 その他  「科学と」「生存中」
 
思いのほか散っている。まぁ「鬼と花」のケンカ描写や「桃魂」のラブコメ要素もあるが。
今回のバトルは変身・怪物系で能力バトルっぽいのはなし。あ、岩代先生か。
基本現代劇でファンタジーな世界観も「TORCH」ぐらいか。
 世界観の概要も説明してあのまとまり、「TORCH」は大分凄いと思う。

テーマ
 仲間教  「あくゆう」「銀輪」「鬼と花」
 守る力教 「TORCH」「桃魂」
 成長   「HIYOTA」

 キャラ漫 「GODLAND」「ふぁみドル」「コアラ」「パッキー」「エスパ」
 シチュ漫 「恋愛相談」「生存中」
 
BLEACHやリボーンなんかが薄っぺらに感じてあんま「守るための力」とか強調するのは好きじゃない。
 今回その辺をバックボーンに持ってきた2作は過去話も印象的で好感触だった。
キャラ漫認定の3作(ギャグは別にいい)はとどのつまり心に残るものがなかったもの。
 「ふぁみドル」なんかは2人の関係が前進=成長とも見えるが、まぁツンデレを楽しむ作品かなと。

主人公
 熱血  「TORCH」
 人情  「鬼と花」「桃魂」「生存中」
 ヘタレ 「あくゆう」「ふぁみドル」「恋愛相談」「HIYOTA」「銀輪」

熱血=自分の意思重視が少ないですな。「TORCH」にしたってヒロインのためだし。
人情=自己犠牲とか。「生存中」は多少流され主人公だったのが惜しい点だったか。
ヘタレ=成長なわけで。ラブコメ2つは流されるままファインプレーしただけの気もするが。

ヒロイン
 ツンデレ  「ふぁみドル」
 素直クール 「生存中」
 正義漢   「鬼と花」「科学と」
 おせっかい 「銀輪」「桃魂」「恋愛相談」「HIYOTA」
 お姫様   「TORCH」

ヒロインに破壊力をもたすにはどうしても小奇麗な絵が必要だよなーという。
 表情的には「生存中」が一番よかったはず。絵でどうしても「恋愛相談」辺りに持ってかれてる感はあるが。
おせっかい=説明・進行役に便利なんだろうが、主人公がヘタレ多・熱血少のと対比すると女に主導権持ってかれてる感があるのが現代的だなぁとしみじみ。おぉ、「TORCH」まじ浮いてるな・・・。

締めは袋とじその他で。

へたっぴ サイトーさん編集辞めたって、本当か・・・?大丈夫か・・・?
ひょん  毎度の毒にもクスリにもならないかんじ。まぁ番外だし。
エニグマ これが・・・シリアスな笑い・・・なのか・・・?
めだか  番外編らしいうまい番外編。この4コマレベルの流れでキャラ立ってるって凄いな
黒子   作者の人生はいつからおっぱいとの戦いになったんだ・・・
保健室  最後の鈍ちゃんのセリフの含みがなんとも深い・・・
バブ   ふぅ・・・
ドイソル キャラデザ不憫すぎるのよこの漫画・・・
マジコ  エマはどんな顔してても素晴らしい。
戦国雨戸 おうまさんまじ不健全
グリム  まじ心折れる
 
 まじ・・・心・・・折れる・・・ 作家さんたちすいませんでした 基本楽しみました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ