リツイートすればいいものを

変に琴線に触れたのでなんか書こうと思った。
 長文になりそうだがらブログで書いた。その程度。

で、Togetter見てたらこんなのがテンプレとして出現したらしい。

父親からメールがあり『ツイッターとやらをやっているのであれば、「セメダイン」は接着剤の「種類」でなく、「メーカー」であり「ブランド」であるという事を皆に教えてあげて欲しい』との事でしたので、このようなツイートをさせて頂きます。

昨日発生してもう炎上してるとかツイッターの拡散速度は凄いな。
VIPの改変スレみたいのもこんなノリなんだろうけど、スレ1枚という狭い空間でなくツイッターという広い場でもこうやって悪ノリが続いていくのね。
なんというか、実に面白い。内容もさることながら、現象が。


何がこれをテンプレとして流行らせたのかなんとなく考察。
 あ、もちろん原文の本人さんの想定とは全く関連のない独断ですのであしからず。
 あくまで「この文のもつ面白み」についての考察ですので。

●父親からメールがあり『~』との事でしたので、このようなツイートをさせて頂きます。
 自分の行為、その理由と結果の記述。
 いかにも事務的なところが妙にシュールで面白いのだろうか。
 「このような」というのが「取るに足らない内容だけど依頼があったので」みたいな、自分の意思を挟んでない割に呆れだか失笑だかよくわからない感情を呼び起こす感じもなんとも高度。
 上の例にはちょっと父親に向けるべきでないマイナスな感情を列挙してますが、内容によっては可愛さというか、そういうものも包括したもやもやした感情を喚起させる。日本語すげぇな

で、肝心の本旨。
●「セメダイン」は接着剤の「種類」でなく、「メーカー」であり「ブランド」である
 改変テンプレの中心。ご丁寧に「 」がついて改変場所の大半が分かりやすい。
 業界の常識的知識だが市民的にはあまり意識していない内容。
 トリビアにもならないようななんともいえない知識。
 まじで語ることがないぐらい絶妙な内容。

●『ツイッターとやらをやっているのであれば、~という事を皆に教えてあげて欲しい』
 「とやら」が萌えポイント。疎いけど使える人に使ってほしいみたいな。
  しかし拡散という性質を理解しているあたりこの父親デキる。
 仮にこのことを伝えるためだけにアカウント作ってぽつんと書いてあったら、と思うとシュールこの上ない。
  実際問題ツイッターで拡散するには先にフォロアーある程度揃えなきゃいけないから敷居高いよなぁ。
  かくいう俺も一人用メモ帳だからどこにも拡散しないけど。
  意外と自分にすぐにはできないことをやってもらう、上手い方策なのかもしれない。
 「教えてあげて欲しい」もなんともいえない人類愛的優しさがあふれていて萌えポイント。
  これを広めることによっていったい何の目的が達成されるのであろうか。深い。
  この知識の有無で何か痛い目にあうのだろうか。深読みが進む。
  単に新しく認識した知識を広めたいだけとしてもなんともお茶目である。
 この部分が原文ままなら、「のであれば」という言い回しも変に親子関係を想像してしまう。
  ここまでくるとおれきめぇ

●相乗効果
 要素ごとでも心を打つが、織りなすハーモニーもすごい。名文だ。
 
友人からメールがあり『ツイッターとやらをやってたら、~という事を皆に教えてあげて欲しい』との事でしたので、このようなツイートをさせて頂きます。
 ソース友達だと他人行儀に感じてドン引き感が現れる。
 対象が父であるからこそこの事務的なフレーズはシュールギャグ足り得る。
 さらに対象が父だからこそ本旨の言い回しが萌えポイント足り得る。
 「父」という属性の持ちうる性質の勝利である。萌えって深いな。
 だからこのソース元も、改変内容によって絶妙な相手に改変すべきと思う。
  あまりにも低俗な内容だと人格と関係性が疑われてしらける。
 かつ、周りの言い回しの厳格さ・堅さが本旨のなんともいえなさを際立たせる。
  実際、計画停電告知とか実のある話でこの言い回しならなんら不自然はないし。

狙って生まれたわけではないだろうけど、言葉選びの神髄ってこういったところなのかしら。
 面白みというのはどこに転がっているかわからないものだなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ