彼女の真理-専用デッキってほどでもない-

マアト出ましたね。十代のチートドローを具現化したカード。
 →Wiki《マアト》

ハイ効果コピペ。

星10/光属性/天使族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に表側表示で存在するドラゴン族・光属性モンスター1体と天使族・光属性モンスター1体を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、カード名を3つ宣言して発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
宣言したカードは手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。
このカードの攻撃力・守備力はこの効果で手札に加えたカードの数×1000ポイントになる。


最大攻撃力3000。十代の叩き出した6000と比べると控えめ。
 まぁ、コンボ組めば無償アド3だからね。やむなしか。
 でもそのコンボ分のディスアドを考慮したら原作どおり6000ぐらいはアリじゃないかなぁ。
 最大確認枚数は《古代の遠眼鏡》(相手)と《大王目玉》の5枚だし。
 とは言っても宣言枚数増えるほど数打ちゃ当たるで成功率もあがるけども。
 ラッキーストライプ程度の絶妙な期待値は欲しかったところ。

このカードの運用に当たって最低限必要な要素は2点。

1.デッキトップ把握
2.特殊召喚法
  ですね簡単。

1.把握 天変リチュアのパーツの独壇場。
きっかり3枚把握できる方々
《リチュア・チェイン》
 召喚誘発。コスト2体を特殊召喚でそろえられるなら安定。
《リチュア・シェルフィッシュ》
 効果墓地送り誘発。召喚権を使わない分他の要素が必要。
《魔道書整理》
 そのものズバリな魔法。消耗品かつ完全専用品である点をどう見るか。

3枚以上いける方々
《D・モバホン》
 守備表示効果。蘇生法は幾許かあるので結構優秀。
 ただし枚数はサイコロのみぞ知る。3以上でいいから2/3で大成功。
《リチュア・ノエリア》
 ネックは把握したカードがデッキ下に埋まる点。発動後に天変地異が必要。
《大王目玉》
 古き良きリバース。相手ターンに発動するため、サーチなしで揃うなら優秀。
《ヤドカリュー》
 伝説のディスアドギャグカード。戻した分引きなおす。
 マアトが無尽蔵に上がる仕様ならおジャマ辺りとあわせてワンキルだった。
 効果発動法・発動後天変地異と問題は山積み。

1枚 流石にATK1000・アド+1じゃマアト本人の価値が低い。
《天変地異》
《リチュア・ディバイナー》
《ラヴァルバル・チェイン》
《ゾンビキャリア》のコストで戻した手札(=アド無し)
《ディープ・ダイバー》(普通相手ターンで発動してドローしてしまう)

 古代の遠眼鏡とか盗み見ゴブリンみたいな相手のトップ覗く効果。
 あれって《精霊の鏡》で対象自分に移せるんやろか。


ではコストとなる《ハネクリボー》《光と闇の竜》の用意方法。
 ライダーの方にレベル制限かかってないのはなかなか助かる。

《DNA移植手術》
 カオス系統のように2属性使わないからこれで解決も可能。改造手術はアウト
 《ドル・ドラ》《仮面竜》のような場持ちのいい竜を使えるようになる。
 《デブリ・ドラゴン》も楽でいいがいかんせん制限カード。
 問題は自己率とディスアド数。


光天使で単体で運用できる方々
《ハネクリボー》
 《クリボーを呼ぶ笛》から即座に出てくるため本人も不適ではない。
《マシュマロン》《アルカナフォース0-TheFool》
 ただ並べるだけなら死なない壁が一番楽。
《シャインエンジェル》《コーリングノヴァ》
 同上の場持ち。白石のような光ドラゴンを揃えるのにも重宝。
《光神化》《神の居城-ヴァルハラ》《フォトン・リード》
 どうせ下級を使うなら無駄遣いともいえる リードは竜でも使える便利さ。
《神聖なる魂》
 これも出すのは簡単。コンヴォイが悪魔なのは残念。

光ドラゴンを込みで考えたギミック例
《青眼の白竜》軸
 こいつ自身もサポートは多いので候補にはなりうる。問題は攻撃力が変わらない点。
 そもそも《伝説の白石》でも可能なのがアド的に良好。
 《白竜の聖騎士》もリチュアの儀式ギミックと親和するのが地味な利点。
 儀式勢ならセンジュ・マンジュが天使に使える、シナジーだけなら素晴らしい。

《神竜ラグナロク》軸
 《レスキュー・ラビット》から揃えられる筆頭候補。
 ブルーアイズのように手札で腐らない点もコンボデッキの救い。
 ここで優秀なのが《異次元の精霊》
 兎から出して余った片方を除外して特殊召喚可能。
 必要手札が兎・精霊・マアト本人と大分少ない。

【TG代行】からタッチ
 これはひどい。
 光天使→《神聖なる球体》
 光竜 →球+ヴィーナス+2チューナー=《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》
  2チューナーは普通に《TG ストライカー》《神秘の代行者アース》。
  マアト特化で追加するなら《ナチュラル・チューン》(球用)、《ゾンビキャリア》ですと。
 それこそ《マアト》《魔道書整理》とチューナー確保線足せばすぐにできちゃう。
  (基本事故要因足すだけだから使われないだろうけど)
  仮にヒュペリオン規制で切り札不足に悩んだらこうなるかもねっていう。

思ったよりも既存のギミックをちょっと改造するだけで出るのがマアトの面白いところ。
 さー皆、ジャンフェス行ってマアトを確保するんだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ