スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエリストが見た「ご当地大戦」 序章

先日、東京に遠征する用事がありました。
 そうだよ学位試験だよ。修了で学位くれよ専攻科殿。
 遊んでる場合じゃなかったけど、行くなら目的は一つ。
 「ご当地大戦」の購入である。

序章・筆者背景

私が存在を知ってしまったのは富山新聞の記事。
 オリンパスの記事の横にでかでかと並んだ図柄に即、噴き出した。
 クソゲーだろうが買うしかないだろこれ。

紆余曲折の元、東京へ出立、本題の後秋葉原へ。
 店員に問い合わせ、誘導先がアダルトエリアだったときは涙が出た。
 「対戦には2セット必要」を見逃さず、2箱購入の元帰りのMAXとき内でカード物色。
 試験後で枯れていた私の脳髄は、水を得た魚のように覚醒した。
 にゃけながら目を輝かせる男を、隣の方はどう思っていただろう。

寝台で深夜帰寮。次の日の授業後、おもむろにとりだしゲーマーを捕獲。
 そしてテストプレイ、現在に至る。

この記事に考察を省いて感想を集約させておく。

一言で言えば将来性である。
 サイコロゲーのわりに意外と成立したゲームバランス。
  先攻ゲー、ドローゲーといわれる遊戯王ユーザーには新しい刺激。
 特産品を召喚する妙な高揚感。
  討論時にでてくる言葉がコロッケだのブリだの、傍から見たらシュール過ぎる。
 なんともいえないイラストの数々。
  特にキャロット星人氏のいいかんじにクリーチャーな魚介。
 
テストプレイの感想は「カードプ-ルがたりない」が2人で一致。
 地味に要素が揃っている割に、品不足でプレイは現状一定。
 早く「加賀百万石」とか「東京スカイツリー」とかホタルイカで潰したい。
 なんのことはない、カードプ-ルが増えて欲しいからこうして応援記事を書くのである。

ゲームの存在としては、面白い着想ポイントであると切に思う。
 特産などの地域特性は、地理で習って忘れるものの筆頭。
 逆に、「ゲームで覚えた事だけ知ってる」はあるあるネタ筆頭。
 ゲームとしてしっかりしている分、学研的な教育ゲームより頭に入りそうだと思う。
 現時点では歴史や偉人ネタは無いが、拡張の余地があるのも期待がかかる。

でも地元という明確なモチーフがある分、カードが微妙に制約されそうではある。
 土地ごとに特性の傾向を変えるのが面白いとは思うが。
 その分外道コンボカテゴリとしての県は作りづらいだろうなぁ。
 無闇にユーザーに忌避されるし、そこの人がかわいそうだ。
 東京の官公庁系が規制ガチガチロックデッキだったらギャグである。

超個人的な感想としては、主人公「石動」でありがとう。by本籍小矢部
 TrueTearsもそうだが、石動って使いやすいんだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。