デュエリストが見た「ご当地大戦」 2章

2章・考察「キトキト!富山編」前半

ここでは16枚の同梱カードの考察を行う。
 いずれwikiでも作って皆で議論したいものです。

まず表示例。今回は県名(富山)、通し番号は省略。

[カード名称] 発動能力名
(1)(3)(5) 種別 COST/獲得AP
 特性

( )部は発動ダイス目。かさばるが機種依存文字じゃ携帯で消滅したし。

[シロエビ] 富山湾の宝石
(1)(3)  魚介 00/20
 自分の場に他の"魚介"カードがある場合、更に10APを得る。 

現状魚介ゲーたる所以。種別で特性に影響するのは魚介のみ。
魚介2匹目で出して30ポイント確保はセオリーともいえる。
 《E・HEROエアーマン》的な潤滑剤。


[べにずわいがに] 庶民の味
(2)(4)  魚介 00/20
 相手の場に"魚介"カードがある場合、更に10APを得る。

現状の魚介ゲーのメタカード。初期からメタあるとかパねぇっす。
このカードの存在で初手から魚介を出すかの読み合いが開始時から始まる。
エアーマンとの相性を考えると《ライオウ》ポジ。


[氷見の寒ブリ] キトキト!
(5)(6)  魚介 00/20
 自分の場に出ているカードを1枚選び、「思い出」に移動できる。

特性名的にもこのゲームを代表する名物カード。
最もスタンダートなカード。上記2枚がメタゲームの住人だしね。
しかし実際の効果は意外と曲者なコンボカードでもある。
遊戯王とアドバンテージの概念が違う事がわかる一枚。
 その辺は次章「コンボ・シナジー」で解説。


[富山の薬売り] 置き薬
(1)(5)  文化 00/10
 カードを自分の山札から1枚引く事ができる。

ドローカードといえば遊戯王ではパワカの象徴。
しかしこのゲームでは展開を加速できないため、そこまでパワカではない。
《スケルエンジェル》が別に使われないような位置づけか。
もっぱら選択肢を増やす、コンボパーツを揃える役目となる。
終盤はそもそもデッキが切れているため序盤推奨。


[高岡コロッケ] 恐るべき消費量
(1)(2)(3) 文化 00/10
 相手に「コロッケ買ってきて」とお願いすることができる。
 強制力はない。

ネタカード。効果は実質無し。ローカルルールで何か足そう。
しかしこのゲームにおいてダイス目3つという点だけで差別化が可能。
確立1/2と1/3は実プレイでは意外と差が大きい。
速攻デッキにとっては即ハケる、それだけで優秀なのである。
火力は力、《ジェネティック・ワーウルフ》といったところか。


[富山のチューリップ] 確かな品質
(4)(5)(6) 農業 00/10
 このカードは相手にコントロールされない。

コロッケ同様の高速カード。こちらは耐性持ち。
ただし速攻でハケる性質上、死に特性である。
コストも無いため、相手の特性を受けてもそもそも被害が小さい。
《深海王デビルシャーク》辺りを彷彿としてしまう。早いだけで便利だが。


[ホタルイカ] 群遊海面
(6)    魚介 00/30
 相手の場に出ているカードを1枚選んで裏返し、1ターン使用不可にできる。

コスト0の中で強いカード。
性質的には《電気トカゲ》に過ぎないが、展開の停止はこのゲームでは致命傷となりうる。
フィーバーの失敗まで狙え、タイミングがよければ効果は覿面である。
ただし、ダイス目1つという流れにくさが運用上の問題となる。
場に残るというのは、展開も阻害するしゲームも遅延する。
強い効果の対価となる諸刃の剣である。


[げんげ] 価値の変化
(6)    魚介 00/00
 サイコロをもう1度振り、偶数が出た場合50APを得る。

ジョーカー。運ゲマスター御用達。
ハケにくい上に1/2でアド無し。この50をでかいと見るか些細と見るか。
単品で見ると《地雷蜘蛛》的で悩ましいが、いざコンボを組むと・・・?
価値の変化、これを体感することとなる。


 ここまでがゲームの中心となるノーコストカード。
 コストを要する上位カードは後半へ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ