スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全智を賭けてかかって来い

創星神 sophia
 次回のDTに入るこのカード、ロマンに溢れている。

ミストバレーの祭壇から現われし創星の神という設定だけでもご飯3杯。
 祭壇のデザインにこのカードの片鱗が見られるのもデザイナー素晴らしい。

ガスタ・ラヴァルのシンクロ・リチュアの儀式・ジェムの融合・新たな力でありセイクリッド・ヴェルズのエクシーズ。この全てを廃絶しかつ全ての場を白紙にする滅亡の力。

その名はsophia。意味するは「智」。
 リチュア・ヴェルズの侵略やヴァイロンの幻想郷と、それらから守る「意思」の戦いを何と思い現れたのか。

効果のカウンター不可の全体除外も派手そのもの。
 ちなみにこれ、エクシーズ素材で巻き添えを食らった《ダンディライオン》の発動を許さないとか、調整としても上手い事になっている。
 終焉→クリッター→ヤタガラス紛いの事はできない。
 もちろん、場・墓地・手札に残った《ネクロフェイス》ら除外誘発は発動注意。

うーん、だらだら語るだけで記事1枚いけそうなのでこの辺で。

さて、彼女に如何に降臨していただくか。これが今回のテーマです。
実用上は先出しのスキドレ・鉄壁が弱点。
 なのでサイクロンやお触れスタンを積んでおきましょう。
 3種類並んだ辺りで召喚を読まれると思われるため、妨害にももちろん注意。
 一応、ほぼ唯一場に居座る《毒蛇神ヴェノミナーガ》は攻守0で蘇生不可になるため警戒不要。

シンクロ・エクシーズ・融合・儀式。
 単純計算でチューナー・被シンクロ・同レベル2体・融合素材2体・儀式・生贄・儀式魔法・融合魔法の10枚を要する物凄い燃費の悪さ。

まずは節約法。
 融合は《簡易融合》で素材2体を削るか、剣闘獣・VtoZによる融合魔法無し融合で節約。

 エクシーズは無理だがシンクロはトークンを使うことも可能。
  その他、無零・ダークフラットトップのような特殊召喚効果のあるものを狙うことも重要。

 あらかじめ墓地を肥やす事で、儀式魔人やミラクルフュージョンといった節約も不可能ではない。
  しかし、それには《おろかな埋葬》のような別の消費を要することもあるのは留意。

これらの条件に有効な方々。

―融合―

●《NEX》《マスクド・チェンジ》
 《簡易融合》が一番楽なのは誰が見ても明らかだが、それでも融合したい人に。
 同じ2枚消費でも剣闘獣と違い、こちらはフィールドのモンスター1体から可能。
 《N・ティンクル・モス》《M・HEROダイアン》がアド追加効果こそ持っているが・・・。
 どちらも戦闘誘発のため、タイミング的に難しいものがある。

●《おジャマ・ナイト》
 《簡易融合》するならこれがお勧めされる。
 【おジャマ】の性質上、蘇生手段が豊富なため使いまわすこともできる。
 あいにくレベル5の儀式モンスターは居ないため、《グローアップ・バルブ》あたりで調整する必要はある。

●《E・HERO ネクロイド・シャーマン》
 【HERO】軸で《ミラクル・フュージョン》を用いる際に選択肢に入る。
 彼の効果で相手の墓地のシンクロ・エクシーズ等を無理矢理引っ張り出す事が可能だからだ。
 流石に運ゲーだが、未来融合から素材を確保する場合は入れておくのも面白い。

●《起爆獣ヴァルカノン》《重爆撃禽ボム・フェネクス》
 未来融合での素材落としに便利。《ヴォルカニックバレット》《ボルト・ヘッジホッグ》対応が大きい。
 sophiaは打点が半端なため、フェネクスで火力を稼いでおくと1ターン分ほど楽できる。
 使用する儀式モンスターのレベルにあわせてどちらかを選択するのも有効。

●《竜魔人キング・ドラグーン》《ワーム・ゼロ》
 数少ない展開効果を持った融合モンスター。使い勝手はあまりよくない。

●《迷宮の魔戦車》《ガトリング・ドラゴン》
 《オーバーロード・フュージョン》対応.未来オーバーする時に便利.
 というのも,《キメラテック・オーバー・ドラゴン》だと先に出したモンスターが流されてしまう.
 《シンクロフュージョニスト》でサーチする時にシンクロモンスターを無駄なく残せる.
 特に素材の《キャノン・ソルジャー》が《ブラック・ボンバー》対応なのも便利.
 《ブローバック・ドラゴン》も6のため儀式に合わせやすいが事故率上昇注意.

●アンデット族 4/1追加
 ☆3の《アンデット・ウォリアー》《フレイム・ゴースト》、
 ☆5の《ナイトメアを駆る死霊》、が簡易融合対象に該当。
 馬頭鬼等による蘇生が可能。
 ☆3からのリヴァイエールで馬頭鬼をシンクロ素材等に使いまわすこともできる。

―儀式―
 
●《イビリチュア・テトラオーグル》
 儀式モンスターには除去・防御に長けたものはいくらか居るが、直接的にアドを加算できるものはこれ位。
 相手に墓地を肥やされてもすぐに除外してしまえるため、墓地発動のモンスターを悠々と選択できる。
 《ボルト・ヘッジホッグ》が地味に生きる。もちろんキャリア・ゼピュロスも想定圏内。
 最大のネックは手札1枚で無効にされる選択肢があること。
 しかし初見で1体目に出せば「モンスター」なら通してくれる可能性も低くはない。
 リチュアは儀式特化のため、チューナーを足せばカードはそろえやすい部類。
 アド直結には1ドローのジールギガスも存在する。リヴァイアニマはタイミング的に・・・
 1ターンで召喚しきる場合、最悪《限定解除》《リチュアの幻影術》も選択肢に入る。

●《ヴィジョン・リチュア》
 儀式には節約の切り札《高等儀式術》が存在するため、それを確保できないシャドウよりも優先度が高い。
 《サルベージ》対応の他、《深海のディーヴァ》対応も見逃せない。

●《シャドウ・リチュア》 
 こちらを使用する場合は《リチュアの写魂鏡》という節約手段を用いる事が考えられる。
 《リチュアに伝わりし禁断の秘術》で相手依存で節約する手も無くも無い。

●《マンジュ・ゴッド》
 儀式はシンクロ・エクシーズのようにタッチで行える召喚法でないため最大のネックとなる。
 このカードで不足カードを補う事はある種必須に近い。
 召喚したこのカードをシンクロ・エクシーズ素材に用いる事も有効。
  この場合、《カゲトカゲ》からの《ラヴァルバル・チェイン》が有効な手か。
 このカード自身を《イビリチュア・プシュケローネ》ら低レベルの儀式の生贄に使うのも有効。
 《白龍の聖騎士》《精霊術師ドリアード》《覚醒戦士クーフーリン》らが可能。

●《サクリファイス》
 レベルが圧倒的に低い儀式モンスター。
 トークン等でも儀式可能なので燃費が良好。
 リチュアでは主にレベル6又はシャドウ・ヴィジョンに縛られるため、対応性も高い。
 シンクロ素材に使っても《マジカル・コンダクター》や《金華猫》対応なのも優しい。

●《宣告者の予言》
 儀式生贄を手札に戻し、1枚シンクロ・エクシーズに転用可能。
  この場合都合上レベル6で手札にあって困らないものである必要があるのがネック。 

●《儀式の準備》
 墓地に写魂鏡・高等儀式術を落せれば手札1枚から儀式可能。
 儀式魔法を手札コストに使える保険としてみたり、《ラヴァルバル・チェイン》様々だったり。

●《聖刻龍-トフェニドラゴン》 4/1追加
 いわゆる聖刻リチュアで暴走するカード。サイドラ効果や生贄対応等応用が利く。
 《ガード・オブ・フレムベル》や☆4通常ドラゴンの採用により、《マンジュ・ゴッド》を無駄なく活用できる。
 通常ドラゴン採用による枠圧迫があるが、痒いところに手を届かせる1枚。

―シンクロ―
 
●《X-セイバー ウェイン》
 数少ない展開効果を持ったシンクロ。ジャンクロン1枚から出すなら今回は彼か。
 《ジャンク・シンクロン》+《シンクロ・フュージョニスト》で《簡易融合》をサーチできるため有用。
 《終末の騎士》の発動も狙えるが、フュージョニスト後という点が噛み合わず惜しい。

●《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》
 数少ない展開効果で対象も緩いが、ネックはバトルフェイズ封じか。
 出せてもサモプリからのエクシーズぐらいしか期待できないのも難しい。
 フィールド破壊からの展開もなくはないが、カラクリや機械竜にあまり需要は無い。
 一応,ツヴァイかプロトとカラクリでフォートレスは作れる。

●《A・ジェネクス アクセル》
 蘇生効果。手札コストを要する点に注意。残念ながら4以下の融合機械は居ない。

●《カオス・ゴッデス》
 素材縛り・効果縛りのどちらも難しい。《バロックス》辺りを利用する事が求められる。

●《A・ジェネクス トライフォース》
 光属性を素材にすることで、蘇生効果を発動できる。セットのため勝手はよくない。

●《デスカイザー・ドラゴン》
 展開可能だがやはり相手依存。《アンデッドワールド》や《蒼血鬼》を軸とするか。

●《フォーミュラ・シンクロン》
 アド稼ぎの定番。
 ただしsophia特殊召喚後はどうせ全除外のため単純なアドバンテージは無意味。
 トップ操作との併用による擬似サーチによるパーツ集めに使いたい。

●《BF-大杯のヴァーユ》
 シンクロを簡単に揃えるならやはり彼か。
 アームズウィング2体からのランク6という荒業も可能。

●《スターライト・ロード》
 数少ないシンクロ召喚を踏み倒すカード。
 仮に《ブラック・ホール》等で自発的に発動する場合結局2枚必要なのは注意。

―エクシーズ―

●《ラヴァルバル・チェイン》《ダイガスタ・エメラル》
 アドバンテージを得る当番として真っ先に上がる方々。
 特にエメラルの蘇生効果がここで火を噴く。
  ジルコニアやガイアナイト、効果無儀式など用途は広い。
  単純には《簡易融合》レベル4→エクシーズ、発動コスト→即蘇生か。
 チェインは自己再生やサルベージ可能なカードの埋葬が主な仕事となる。
  ドローカードとの併用による擬似サーチも決まればおいしい。

●《竜魔人 クイーンドラグーン》 4/1追加
 蘇生効果持ちだがランクと対象指定が噛み合わず、エメラルに比べ使いづらい。
 簡易融合は《ドラゴンに乗るワイバーン》が対応。
 トフェニ発動後に使用できれば、トフェニ効果(Goフレムベル)による☆7シンクロも狙える。

●《虚空海竜リヴァイエール》
 アド当番その2。
 《ゾンビキャリア》や儀式魔人などの再利用に用いられる。
 《レスキューラビット》から作って即戻すことで、兎を他の素材要員にも使用可能。

●《M・X-セイバー インヴォーカー》《発条空母ゼンマイティ》
 アド当番その3。
 こちらも特殊召喚可能だが対象が狭く,シンクロ素材確保程度が限界.

―その他―

●《トライワイトゾーン》
 《高等儀式術》からのコンボが光る。
 チューナーはレベル1の2種しかいないが、1体残しての《フォーミュラ・シンクロン》が可能。
 もちろんランク2を作るのにも有用。
  ランク2は《ボルト・ヘッジホッグ》を即再利用しやすい《ダイガスタ・フェニクス》がお勧め。

●《オイスター・マイスター》
 シンクロ素材・儀式の生贄・《アブソルート・ゼロ》の素材からトークンを残せる。
 《シーラカンス》からの展開も可能なため、エクシーズ向きではないが有用。
 但し《アトランティス》を使ってしまうとレベル調整が難儀なデッキとなる。


列挙だけで長くなったため、実践編は次へ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。