惑星探査車「テラフォがあるから私は働かなくていい」

V兄様のカードは考察し甲斐があって楽しいな。

《惑星探査車》(プラネット・パスファインダー)」星4 地 機械族 1000/1000
このカードをリリースして発動する。デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。
(テキスト未確定)


手札交換の専用サーチ勢を汎用性上げて召喚権というデメリットをつけたようなカード。

・クリッター、ギアギガントX等間接サーチ手段が増加
・リミリバ他で使い回しは効く
・2枚目以降がアタッカーとして使えない設定
・巨大ネズミ、サモプリ、キンギョ等で発動条件(フィールドに存在)は満たしやすい

大まかな比較はこのような感じか。
しかしフィールド魔法ってデッキにおける依存度高いのは確かなものの、9枚体制(一部は12枚)って流石に枠取りすぎ感。
バテルも結局3積必要ない型もあるようだし、あくまで選択肢要員か。

さて、有効そうなフィールドを並べてみる。
出るだけ出て産廃じゃあ、タイトルのようなニートカードになってしまう。


《ギア・タウン》《風雲カラクリ城》
 消耗品となる特殊召喚フィールド。
 【ギアバレー】のようなフィールド併用による徹底的なメタデッキもあり、活躍が期待されるか。
 この手のデッキは召喚権の問題も解決しており、悪くない。
 カラクリ城で蘇生するような頃にはもう召喚しきってるだろうしね。
 《機甲部隊の最前線》で呼んで上書き用後続に変換できるのもおいしい。
  ただ、ギアガジェルなんかは戦闘負けそうそうしないけども…。
  しかし最前線に出て即リリースで逃避の構え、やはりニート。

《ブラック・ガーデン》
 こちらも高い拘束強度かつ用途によっては複数欲しいカード。
 《マインフィールド》と合わせ使いまわし続けられると面白い。
 半減したら《機械複製術》から大量サーチできるのも面白い。
 ちょっと久々に【ショッカーガーデン】が組みたくなる。
 ATK800だったら、ほぼ自由にロック解除できる酷いカードだったのだが…。

《フュージョン・ゲート》
 《チェンマゲート》のようなワンキル狙いならサーチはどれだけあっても悪くない。
 機械族のため《ボム・フェネクス》等の素材に使えれば後続も腐りにくい。

《アンデッド・ワールド》
 墓地利用、帝メタ。種族コンボの地雷。
 これの影響下ならゾンマス他豊富な蘇生が使え保険を確保しやすい。
 特殊召喚に長けるため、召喚権もなんとかなるか。

《機動要塞フォルテシモ》
 機皇兵は即特殊召喚に繋げ直せてレベル種族も合っている。
 サモプリ・キンギョもシナジーが強めで合わせやすい。
 《機皇城》との併用も多少しやすくなる。

《Sin World》
 Sinは特殊召喚ベースのため、召喚権は惜しくない。
 このカードに限らず、他のフィールドを用いた【Sin】にも有効。


《クリアー・ワールド》
 拘束カード。相手の場に闇が居れば、場が空でも猛攻は牽制できる。

《フューチャー・ヴィジョン》
 中途半端ながら地味な拘束力をもつカード。
 初手サーチなら召喚権使っても邪魔にならず、相手の展開も遅れる。
 アタッカーとして《フォトン・スラッシャー》辺りと組めば扱いやすいか。

《ナチュルの森》
 パーミッションから相手の展開を無効にして後続をため込む用途。
 大量展開ギミックはないため、その後も地道に削る必要はある。

《死皇帝の陵墓》
 悪くはないが、召喚権を消費しづらいのが難しい。流石にテラフォの方が相性がいい。
 無理を言えば、《光と闇の竜》の蘇生対象キーパーか。
 巻き添えで割ってしまう陵墓の後続を確保できる。

《疑似空間》
 サーチカードは積みすぎても対象3枚を集めきると腐るのが欠点。
 これで数を水増しする手段もなくもない。
 ただし効果1ターンで捌ききる必要があり、再利用もできなくなる点注意。

初手利用を考えるならロック型か。これはテラフォの方が有効とも見える。
後続の維持を続けたいなら使い回し性能を生かせるこちらにも分がある。
また、複数の積みすぎでテラフォが足りない・モンスターが足りないといったことにも応えてくれる。
一応就職先はありそうだよ、やったねV兄様!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ