マドルチェ入門

ABYR残り枠はほとんどマドルチェだったようで、葬式ムードから大逆転勝利である。
 くそっ、メイドーナツ推しだったがマーマレードで来たか・・・!!
 名前がマーメイドっぽいからきっとマーメイルのノリ。

特に組んだことがあるわけでもないが、新規予定も合わせてまとめておこうと思う。
 実際に組んだ人から見れば知ったかなので、文句はご自由に。

レベル 名称       発動条件 効果  類例
☆5 プディンセス     攻撃  1除去  ティラス
☆4 シューバリエ    存在  誘導   切り込み隊長
☆4 マジョレーヌ     NS   サーチ  エアーマン
☆4 バトラスク      NS  サーチ    司令官
☆4 メッセンジェラート SS   サーチ   HANZO
☆4 マーマメイド   リバース サルベ   聖なる魔術師
☆3 ミィルフィーヤ    NS   SS    切り込み隊長
☆3 メェプル     表示変更  ロック   フリント
★4 ティアラミス   墓地戻し  バウンス ラヴァルバル・ドラゴン
魔場 シャトー      破壊時  手札回収 万魔殿
罠  マナー      墓地戻し  全体バフ リミッター解除
罠反 ティーブレイク   墓地空 無効除去 誤作動
罠永 ワルツ       戦闘   バーン  CDキール
魔永 チケット     バウンス  サーチ  霞の谷の神風
罠  ハッピーフェスタ       複数SS  おジャマ・レッド

類例はあくまでわかりやすさであり、細かい点で異なり各々個性的な効果となっている。
特に軒並み「戦闘する」と軽く、破壊やダメージを介さず受けでも発動するのが強い。
ミィル→メッセ、プディンのように流れもできており、制約が面倒な代わりにパワカ一通り詰め込んでますといったデザイン。実際、ハマったときのポテンシャルはどいつも高い。

・このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す
マドルチェの共通効果。シャトー下では手札バウンスとなり、墓地にモンスターを置かない設定。
コーン号や暗黒界のような送る・捨てる以外はバウンス対象という驚異の安定性を誇っている。
サーチもマジョの上にチケットも追加され、必要なものを常に手元に置きやすい。
あくまで墓地は経由するため、除外や《エンド・オブ・アヌビス》《ソウルドレイン》に注意。

墓地が空である恩恵はプディセスのATK加算とティーブレイク。
 プディンは+シャトーでも2300が限度で、実はそこまで恩恵は大きくないと思う。
 ティーブレイクは再使用がネックだが、プディン付きで場はズタボロにできる。
 その他、エアトスの様な大型アタッカーを採用できる程度か。

反面、墓地利用はマナーとティアラミス。
 ティアラミスは魔法罠対象のため、実質マナーが勘所。
 当人たちの性質上、発動しづらさが難点。
 エクシーズやシンクロ、コスト・リリースで落としておく必要がある。
 ミィル+メェプルの★3など、手はそれなりにある。
 いざとなれば、シャトーであぶれた手札を捨てることになる。

ティアラミスは今後のマドルチェを占うキーカードとなりうる。

マドルチェ・ティアラミス
★4 地/天使 「マドルチェ」☆4×2 2200/2100
 1ターンに1度OLU1つ取り除き墓地のマドルチェを2枚まで選択して発動する。
 選択したカードをデッキに戻し、同じ枚数相手フィールドのカードをデッキに戻す


交換数はグングニルだが、ラヴァルバル・ドラゴンよりコストが安い。
とくにデッキバウンスが大きい。再利用も許さず破壊耐性にも強い。
ハッピーフェスタという実質《真炎の爆発》の様に使える罠もあり、そこから4除去もありうる。
シューメッセ2体を含む☆4マドルチェ6体があれば、ブレハカリバー込でワンキルも可能である。
 キーカードが罠のため、先攻ワンキルまがいは流石に無理ではあるが。

その気になればマジョレーヌ3と墓地待機1枚、代償でループを形成することができる。
 マジョサーチで1枚手札に残しつつ2体でティアラミス
 効果発動時はマジョだけでも戻しておく
 倒されたらマジョ2体でもう1回、発動時にマジョ×2を戻す
 3度目は厳しいがドローすればまた始まる

ここで裁定次第ではあるが制約が生じる。
 ゾンマスルミナスエメラルの前例でいくと、OLUで対象を落とすとはいえ、先に墓地に対象となるマドルチェが落ちている必要がある。
 そう考えると、事前+コストでほぼ2枚適用がスタンダートと言える。
 1枚にするときは、相手の場が1枚もしくはフェスタ後や次ターンの2回目、マナーの発動を考え1枚を維持する必要があるときだろう。
 墓地に置かれるのは★3に使ったミィルや、おそらく自身は墓地に落ちてしまう先出のティアラミスのケアとなるだろう。
 逆に言えば、ティアラミスを作ってしまえば残りOLUも含めマドルチェを意図的に肥やすことができるともいえる。

展開効果はミィルフィーヤしかなく、代償がないとテンポは遅め。
そのため即エクシーズは難しく、場合によってはサモプリやカゲトカゲも考慮内か。
それぞれのクセが強いため、どこを重視するかによってバランスが変化する。
拡張性よりも、悪用性が高めで悪巧みのし甲斐があるカード群である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ