先攻ゲー加速の犠牲

ドレイクバイスのホロふつくしい
 元が白いモンスのホロはやっぱ映えるな。紫も鮮やかだし。
 やはりガードナー暴走召喚してレプティレスで出すしかないな

以上自慢。うざいことこの上ない。
 しかも本当は↓が欲しかったんだけどという欲張りっぷり。

《氷霊神ひょうれいしんムーラングレイス》
☆8/水属性/海竜族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の水属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、相手の手札をランダムに2枚選んで捨てる。
「氷霊神ムーラングレイス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードがフィールド上から離れた場合、次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。

良い点。
・トレードイン対応で出せない時引いても処理可能
  水の大型は7にされやすいため、8は貴重。まぁSSモンだし。
  他にはブリザード・プリンセスとかゴギガ様とか。
・比較的肥やしやすい水属性
  風霊神なんかだと相当きついんだろうなぁと思いつつ。
  炎は伝導場侍女で初手から簡単に数揃えられるんですけどね…。
   次回以降出ても多分バーンとか半端な効果しか貰えんだろうね。
  そこと比べると、ギミックがいろいろある割に強い効果。
・サーチ可能
  海皇の龍騎隊が本気だしました。
  序盤で欲しい効果だからこそ、これは大きい。
  いいタイミングで確保できるのは、トレインコスト要員にも優秀。

グランソイルも大概ロマンでしたけど、葵2枚分とか凄まじいですな。
 問題は条件デメリ的にトドメ向けのため、ソイル氏ほど立ち位置とのシナジーが薄いことでしょうか。
 うまくフェンリルと並べれば絶望的な状況を作れるのはおいしい。
ちなみに戦闘封印が嫌ならば、エクシーズ素材にしてしまえばよい。
 その点でも即エクシーズ素材を並べられるソイル氏の方が運用はしやすかったりする。
 なんせバルバとは種族・効果共に相性ピッタリですしね。

最大限活かすには序盤ハンデスを目指した方がワンサイドゲーに有利。
そうだね、先攻1ターン目に出しちゃえばいいよね。


それでは相性のいい効果から。

海皇の龍騎隊
 コストとなることによってムーラン本人をサーチ可能。
 効果適用=1/5をまずは達成のため、彼をうまく使うことは必須か。

ジェネクス・ウンディーネ
 最近海皇や水精鱗の関係で需要増中のジェネコンサーチャー。
 警告されなければ、スキドレされようが確実に1枚落とせる点優秀。
 龍騎隊が手札に来なくともデッキから発動できるのも優秀。
 単純計算で6枚分初手ムーランの可能性を加算できる。

スクリーチ
 水の肥やし要員の代表格。
 とはいえ戦闘破壊が絡むのが初手狙いの上では難しいか。
 更に効率の良い後輩も多く、併用で真価。
 特定ギミック外のデッキでのタッチにはこちら。
 
グリズリーマザー
 水属性リクルの基本。自爆特攻から適当なモンスターに繋げやすい。
 3体まで任意の数を落とせるため、調整にも便利。

悪魂邪苦止
 こちらは手札2枚追加。何かのコストに使ったり用途による。

素早いマンボウ
 後続リクルと墓地肥やしを併用。自爆特攻からの加速が凄まじい。
 殴る相手がいれば4枚即座に揃えられる。
 3体目も特攻したら強制効果故に6枚でオーバーするのに注意。
 フィッシャーチャージや葵という手もあるが、罠で遅い所が難しい。

素早いマンタ
 こちらは効果破壊。自身しか並べられないため3枚まで。
 戦闘よりも先攻で処理しやすいため、こちらにもワンチャンはある。

素早いアンコウ
 送られた場合からの2体リクルート、使えと言わんばかりの効果。
 フィールドを経由しない(むしろしちゃダメ)のも発動しやすい。
 同名指定もないためマンボウ・マンタを必要数ずつ使い分けられる。
 ウンディーネでも発動可能、☆3の素早いが居ない事が悔やまれる。

鬼ガエル
 手札の水属性が続く限り肥やし続ける、鬼の名に恥じない鬼畜。
 対象は水・水族・☆2以下と狭いがガエルや氷結界では達成しやすい。
 ルール効果故に龍騎隊が発動しないのは残念。
 1回辺り2体肥やせる上、最後に通常召喚すればちょうど5枚揃う。
 -2の粋カエルもおり、ガエルの新たな切り札といえるシナジー。

絶海の騎士
 表示形式変更で墓地を肥やす。
 この条件がつまづき等の特定カードを必要とし、地味に難しい。
 暴走召喚対応なので、上手く揃えれば一気に3枚落とせるか。
 戦士族のため、エクスカリバーから2体まとめて落とせる所は評価。

深海のディーヴァ
 汎用性も込で考えると最も安牌な1枚。
 ギシルノドンへのラインを簡単に揃えられる。

水精鱗
 手札コストや蘇生回収により、数調整には長けている。
 先攻一気肥やしには向かないものの、
 中盤の調整から降臨させるのに向いている。
 メガロアビスで一気に落とすのも面白い。

超古深海王シーラカンス
 一気に展開するといえばこいつ。生贄や手札コストでも調整可能。
 タウナギからの2体シンクロで4枚落ちる。
 手札を切れさせた隙に2ターンかけて殴りきるのも簡単か。

レスキュー・ラビット
 相変わらずの兎さん。召喚権1から水2体。
 他にもっと早いギミックはあるが、カバサウルスによるラギアなど、真面目に戦いながら出す場合には有効。

沼地の魔神王
 他のコストカードなどの手を煩わせず能動的に1枚肥やせる。
 融合ギミックやデブリグングにもつなげやすい。
 類例としてアトランティスの戦士等。

未来融合―フューチャーフュージョン
 F・G・D指定から水ドラゴンをきっかり落とすプレイング。
 種類は少ないが、ドラゴン・アイス等粒ぞろいではあったりする。
 またはZERO指定でオーシャンバブルエッジを落とすか。
 エスクリゼピュロス→トリニティで4枚落とせる。
 他ラプテノスやガエルザンデス、黒き人食い鮫(水バニラ3体)。

高等儀式術
 とりあえず数揃えるカードと言えばこれ。
 水の儀式といえばリチュアもいるため、シャドウヴィジョンと合わせ肥やす速度は速い。
 ☆8の儀式ならば★8エクシーズにも繋がりデメリット解消に有効。

リチュア・ノエリア
 運ゲだが、5枚めくって全てリチュアならば即座に条件がそろう。
 カードガンナー等との互換だが、ランダム性が厳しいか。

ハイドロゲドン
 水3体を場に揃えやすい。ドレイクの素材にでも。
 エサ確保しやすい黒庭下では相打ちで発動しないのは多少厳しい。

アイス・ブリザード・マスター
 水2体リリースで特殊召喚。海皇等を駆使すれば出すのは簡単。
 自身リリースで発動かつ1体はこちらのモンスターも道連れにできるため、最大4体は落とせる。

マシンナーズ・カノン
 手札の水機械を任意の数切ってSS。
 効率も悪く微妙だが★8にすぐ繋げられる点デメリット解消に有利。
 水機械に固める場合は、ムーランが落ちるまではネジマキシキガミも当てになる。
 類例として3枚固定のモンタージュドラゴンが。

憑依装着-エリア
 こちらも水2体が条件。片方はエリア必須。
 デッキから出るため、手札消費が少し抑えられる点が面白い。

発条空母ゼンマイティ
 ゼンマイハンデスのギミックでは自身をリリースするため、続けば3枚墓地に落ちる。
 そのままムーランに繋げられれば、エメループなしで5ハンデスという鬼畜殺法。

スネーク・レイン
 手札コストも合わせて5枚まで調整の効く一撃。
 まぁ、水爬虫類が微妙な上に枚数調整時は他属性も持っておく必要があるわけですが。
 【アリゲーター】やNEPTUNE軸を組むときに。
 ちなみに☆8にアナンタとヴェノミノンが存在。

ブリューナク他バウンス系統
 連続発動には異次元海溝辺りが最も有効なのですが、召喚制限的に帰還SSできないと思われる。
 そのため、バウンスして再度自力で特殊召喚することが必要となる。
 門前払いならハンデス付のDARK RULERのように運用できるかもしれない。
 水属性のバウンスモンスは自身が止められたり、水コストで5体をオーバーするため注意。

相変わらず記事が長いですが、以下初手5+1枚からの速攻召喚法。

鬼ガエル+水属性×2+ムーラン
 4枚からの最大安定。
 枚数こそ多いが他はどうしても出すためだけのギミックになりがちなので、通常のカエルギミックで運用できるのは大きい。
 水属性の初手数によっては召喚権すら使わない。
 ちなみに1枚がアンコウになるたびにガンテツフェニクス追加で堅牢さも凄まじい状態に。

ディーヴァ×2+ムーラン
 重装→☆3の順でリクル→2+3でギシルノドン→2+2+5で☆9
 初手ならばミストウォームが腐るため、まさかのフィールドマーシャルにワンチャンである。
 同名カード2体はきついが、3枚消費2捨て可能は凄まじい。

おろかな埋葬+ゼンマイネズミ+ムーラン + 鬼ガエル+水等
 ゼンマイティで3を肥やしつつ、4~5ハンデス。
 マニファクチュアでゼンマイマイを呼んでおいたりで残り2枚を埋めるギミックにはいろいろ応用を効かせる。
 手札フル活用になりがちだが、構築によっていろんな手筋が使え、固定カードを引き当てる必要のあるコンボよりフレキシブルに動ける。
 ゼンマイシャークが来たらちょっと嫌な予感がするタイプ。
 マジシャンなどと絡めてエメラルも回るようになるだろうからね。
 まぁ、事故はご愛嬌。

ブラック・ガーデン+グリズリーマザーかスクリーチ+ムーラン
 戦闘のできない先攻1ターン目では使えないものの、
 サーチや枚数の都合からそろえやすい部類の後攻戦術。
 800ローズトークンVS1500以下で即墓地に落とす。
 マザー×2→スクリーチや、マザー→マンボウ×2等が主な筋。
 スクリーチで落とした2400モンで黒庭を即片付けることも可能。
 初手スクリーチでも、アンコウ×2から馬鹿みたいに湧くので可能。

  ガーデン対応水モンスターの一部。
3200 ジールギガス
2400 メビウス、マザーブレイン、メガロアビス、
   ガストクラーケ、半魚獣、鮭
1600 アビスパイク、ゲドン、アクエリア、
   オイスター、大僧正、軍師
800 バブル、エッジ、マンタ、リチュア・アビス、
   サブマリンロイド、キンギョ、風水師

ウンディーネ+アイスブリザードマスター+ムーラン
 ウンディーネ召喚効果アンコウ→マンタとマンボウ
 →マンボウウンディーネリリースIBM、効果マンタにカウンター
  →IBMリリース効果マンタ破壊、マンタ効果マンタ×2
   →マンタ×2エクシーズフェニクス→フェニクス効果

 ウンディーネ・マンボウ・IBM・マンタ・マンタで5体。(どやぁ
 ジェネコンサーチしている事を考えると、消費2枚という恐ろしさ。
 ムーランの代わりにおろかな埋葬が来ていても起動可能。
  手順はウンディーネ龍騎隊サーチ、おろ埋アンコウで同上。

ブリキンギョ+レスキューラビット+破壊カード等+ムーラン
 キンギョ効果兎SS→兎効果☆4水2体
 →xyzドレイク→カオスxyzドレイクバイス→バイス破壊

 シャークさんの怒りをぶちのめす悪魔のプレイング。
 ドレイク→バイスでエクストラから2枚稼いで節約。
 もちろん隙があればゲドンからでも可能。
 ディスアドって・・・なんだろうね・・・。
 バイスを早々に墓地に待機させておくことで、エクシーズリボーンからのワンチャン逆転があれば・・・ねぇ・・・。

ディーヴァ+☆3水海竜+竜騎隊
 ディーヴァ→重装→☆3水海竜→シンクログング
 グング効果竜騎コスト自壊→竜騎ムーランサーチ

 バイスラインの類似品。普通の海皇ギミックから使えるため、偶然来たら打てるぐらいの気持ち。
 とりあえず切り札を即殺すのって決闘者の人道的に如何なんだろうね

結果:本人込手札3枚で結構普通に出ます実質2:2交換か
ていうかアンコウ中心の素早いギミックがやばい。モモンガムササビを考えると、下手したらグランソイルと共演できるレベル。
最初は「枚数節約のためにシンクロエクシーズ割ればいいんじゃね?」とか思っていた不謹慎な私ですが、コナミのデザインカードはそれをゆうに超えていた。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ