人気ブログランキングへ

あけまして機界の門

あけましておめでとうございます。戌年に使いたいカードは《Kozmoードッグファイター》、戸付湯歌です。

正月で拠点外にいると作業らしい作業(※デッキ調整)も設備上できないのでキーボードに逃げてます。
年明けなんで何か開けようかなーと思い、機界騎士の門を開ける手段にでも思いを馳せます。
まぁ、召喚条件を整える(同じ列にカードをそろえる)ことを開門っていう奴、自分だけですけど。
きたるべきティアマトンへの応用も見込んで、ぼやけた頭で並べます。
環境都合、色や画像はないのはゆるしてね

続きを読む -あけまして機界の門-

エレメントセイバーで 得る 面倒 制覇




「トワイライトロード」「メタファイズ」「魔導獣」と、旧カードを基にした強化の続く10期新シリーズ。
2018年一発目のパックでの強化枠は「霊神」、ならびにそれをサポートする「エレメントセイバー」。
「霊神」自体は今まで通り禁止カードの効果を持った大型モンスターの不足属性の追加。
一方でこの取り巻きたちがなかなかの曲者です。

共通効果
①手札の「エレメントセイバー」モンスターを手札(場存在下でデッキ)から墓地に送って発動する効果
②1ターンに1度、墓地の自身の属性を変える効果


②はまた新概念ともいえる独特な効果で、遊作風に言えば以下の3つの特徴があります。
 ひとつ ・ 起動効果であり発動タイミングが限定されていない
 ふたつ ・ 墓地発動だがコストほかカードの移動がない=消費・発動条件未達がない
 みっつ ・ 墓地の属性に干渉できる


墓地効果は自身を除外するなどで使い切りが多く、これらを兼ね揃えるカードは実は不在でした。
特にふたつめを満たすのは実質誘発の《地獄詩人ヘルポエマー》、相手のカードの移動も除けば回復のみを行う《堕天使マリー》だけのはずです。
このため、ただ「発動回数を恒常的に稼ぐ」ためだけの用途には変えの利かない存在であり、悪用の可能性があります。
さすがに誘発即時ではないので、相手ターンに発動することの多い【チェーンバーン】のチェーン稼ぎ向きとまでは言えませんが。

本題となるみっつめも勿論独特で、墓地のカードのステータスに干渉できるのは範囲が限定された《アドバンスド・ダーク》と種族の《アンデットワールド》程度のはずです。
一括変更で実質妨害のようにならず、各々で微調整の利くカードという点でも新しいです。

①の効果上基本的には【エレメント霊神】として専用デッキを組むのに向いていますが、戦士族でありステータスのバリエーションにも恵まれているため出張としての応用も期待できます。
といった形で応用例を検討してみましょう。 ひとまず情報の出ていない属性のものも出るという想定です。

続きを読む -エレメントセイバーで 得る 面倒 制覇-

「TCG店舗大会の盛り上げ方」というか要望の話


             新マスタールール
2017年春、遊戯王は核の炎に包まれた。


というと大げさですが、ルールに新たな制限をかける「リンク召喚ならびにマーカーシステムの導入」は過剰な拒否反応によるネガティブキャンペーンも相まって、ユーザーを大幅に減らす結果になっているようです。
個人的体感で恐縮ですが、同じ地域でプレイしている去年と今年で店舗大会の出場人数は6割減近い過疎になりつつあると感じています。

もちろん遊戯王の日の出席率を見る限りそれだけが人口減の原因ではないと思います。
ただ交流の基礎となる店舗大会の衰退は、単純に店舗に足を運んでもらえうる機会の減少にもなりショップ、ひいては市場そのものにもいい影響になるとは思えません。

ならばどうすれば人を呼び込めるのか、という個人的な考察をこちらの記事にしたためる所存です。

・・・とまぁ主語のでかいタイトルで賢こぶっていっていますが、基本的にはいろんな人とあそびたいだけの大会奇数にするぼっちおじさんの戯言です。
サンプルとして自分の知ってる地域の事情になりますし、もちろん遊戯王以外でのTCGに当てはまらない話もしてます。
あてはまらない人は「うちの地域は都会だった・・・」と優越感に浸っててください。

続きを読む -「TCG店舗大会の盛り上げ方」というか要望の話-

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ